薄暗い場所が好き
クロジ 黒鵐 (ホオジロ科)
Emberiza variabilis



                                   (2016.3.11:富江町・繁敷)


★分布:本州中部以北で繁殖  ★大きさ(全長):17センチ(スズメぐらい)
★福江で見られる時期:秋〜春

極東アジアの限られた地域で見られる、ホオジロ科の小鳥。カムチャッカ
半島南部から千島列島、および本州中部以北の日本列島で繁殖し、冬は
中国東部や日本の中部地方以南に渡って越冬します。福江島にも冬越し
のためにやってきて、秋から春にかけて観察されます。

薄暗い林の中や茂みの中を好むので、気をつけていなければその存在に
気づく機会は少ないでしょう。林のへりで時々見かけますが、すぐに木立の
中に入ってしまったりして、五島での撮影はなかなか難しいです。
ということで、今回の写真は全て、林の中に仕掛けた自動撮影カメラ(麻里
布商事の製品・Fieldnote Duo)によるものです。上下2枚の写真はオスで、
全体的に暗い灰色、クチバシの下側はやや赤味を帯びた肌色という感じ
でしょうか。


                                           (2014.12.14:七ツ岳)

草の種子や昆虫、クモなどを食べます。一枚目の写真では、スダジイの
ドングリをくわえています。

メス(下)はオスとは外見がかなり違います。褐色ベースです。


                            (2015.11.26:富江町・繁敷)

このメスも、スダジイのドングリをくわえています(下)。割らずに飲み込ん
でしまうのでしょうか…気になります。



2016年4月現在、国の絶滅危惧種ではありませんが、神奈川県で絶滅危
惧T類に指定されているほか、10を越える都道府県でレッドリストに載っ
ています。少しずつ数を減らしつつある鳥のようです。
(2016.4.3)                 


※参考資料
「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会
「日本のレッドデータ検索システム」(HP)

※一覧に戻る