ずんぐり小太り
シロチドリ 白千鳥 (チドリ科)
Charadrius alexandrinus
絶滅危惧U類 (VU) …環境省レッドリスト2012
準絶滅危惧 (NT)…長崎県レッドリスト2011



                                    (10.12.08:三井楽町・白良ヶ浜)                                 


★分布:中部以北では夏鳥、関東以西では越冬するものが多い  
★大きさ:17センチほど

冬の風がさらす三井楽町の砂浜にいた小さな鳥。砂浜や干潟などで見ら
れ、夏は頭や背中が褐色の「夏羽」になります。
チドリの仲間らしくチョコチョコと歩き回ってはゴカイや小さなエビカニ類な
どを食べます。



今回見つけた時は、途中でしばらく動きをとめ、数分間じっとしていました。
そして片足で立ち、あくびのような動きも見せ…。


                                  
この時はビデオで撮影していたのですが、実は他にも4羽がそばにいまし
た。でも、撮らなかったのです。どうしてでしょうか。それは…漁網の切れ
端やプラスチックなどの漂着ゴミがたくさんあったからなのです。
アジアからのものが多いとは思いますが、残念なことです。
今やこの地球上に、ゴミ一つない海岸なんてあるのでしょうか…?
(2010.12.23記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

         「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社

※一覧に戻る