浜のカニ採り名人
チュウシャクシギ 中杓鷸 (シギ科)
Numenius phaeopus

準絶滅危惧 (NT)…長崎県レッドリスト2011




                                (2011.4.24:三井楽町・白良ヶ浜)


★大きさ:42センチ(ハトぐらい)   ★福江で見られる時期:春、秋(旅鳥)

春の暖かな浜辺で出会ったシギの仲間。ハトぐらいの大きさで、細長く下
に曲がったクチバシが特徴です。ペアであると思われる2羽は、ずっと一
緒に行動していました。
北極圏で繁殖し、オーストラリアやニューギニアなどの沿岸で越冬する鳥
で、日本にはその渡りの途中で立ち寄ります。春と秋が観察のチャンスで
、浜辺や河口などの水辺で多く見かけるほか、農耕地などに姿を現すこと
もあります。



1000羽以上の集団で見られることもあるそうですが、五島ではそれほど
の群れが来たという話は聞いていません。私は1羽とか2羽でしか見たこ
とがありませんが、浜辺で見る鳥としては比較的大きめなので、肉眼でも
見つけることができるかもしれません。



浜辺を歩きながら獲物を探しているようで、時々すばやく穴にクチバシを
突っ込んではコメツキガニを捕らえていました。上の画像でも、クチバシに
カニをはさんでいるのがわかるでしょう。海辺ではカニを好んで捕らえます
が、水田ではカエル、農耕地ではバッタなどをとるそうです。この曲がった
クチバシは、そういった小動物を捕まえるのに向いた形なのでしょうね。
(2010.11.20記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

      「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社

※一覧に戻る