新緑に映える橙色
キビタキ 黄鶲 (ヒタキ科)
Ficedula narcissina

絶滅危惧TB類(EN)…長崎県レッドリスト2015改訂版



                                 (2017.4.22:五島市・籠淵町)


★分布:全国に夏鳥として飛来   ★大きさ:14センチ(スズメぐらい)
★福江で見られる時期:春(と、おそらく秋も)

スズメぐらいのヒタキ科の小鳥。新緑の頃、越冬地の東南アジア方面から
繁殖のために日本列島に渡ってきます。日本の大半の地域では夏鳥とい
うことになりますが、先島諸島(八重山諸島と宮古諸島)では留鳥として一
年中見ることができるようです。長崎県でも繁殖していますが、それは本土
での話。福江島では現在のところ繁殖は確認されていません。現状では
旅鳥ということになるでしょうが、毎年4月中旬〜下旬頃に姿を見ることが
できます(秋にも見られる可能性があります)。



写真のものはオスです。体の上面は黒ベース、下側は白で、のどから胸
にかけてと眼の上の部分が鮮やかな橙色。3色のコントラストが強い印象
を残します。メスは地味で、全体的にオリーブ色をしています。
おもに林の樹上で見られ、枝や葉につく昆虫を好んでとらえます。空中を
飛んでいる虫をキャッチしたり、地上に下りて獲物をとることもあります。



オスは「ピィチュリ ピィ ピピリ」とか「ピッコロロ」など、響きが美しい声でさ
えずります。また、「ツクツクオーシ」と聞こえる声も出すことが知られてい
ます。私も実際に聞いて笑ってしまいました。さえずりには地域差も見ら
れ、他の鳥の声を真似することもあります。かなり器用なのですね。



2017年5月現在、国のレッドリストには載っていませんが、長崎県では
滅危惧TB類(EN)
という高ランクの絶滅危惧種に指定されているほか、
10以上の都道府県でレッドリストに載せられています。

スズメやカラスなどと違い、福江島では見ようと意識しなければ見るのは
難しい鳥ですが、時期と場所(サクラ類のある園地などが狙い目)さえ見
定めて根気よく通えば観察できるでしょう。それほど神経質ではないので
、わりと長い時間見られるチャンスもあると思います。きれいな声も必聴
です。
(2017.5.14)                         


※参考資料 「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
        「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長崎県の野鳥(DVD)」 長崎県野鳥の会

※一覧に戻る