なぜか夏に飛来した珍ガモ
アカツクシガモ 赤筑紫鴨 (カモ科)
Tadorna ferruginea

情報不足(DD)…環境省レッドリスト2015公表分
絶滅危惧TA類(CR)…長崎県レッドリスト2011改訂版



                                  (2016.6.19:岐宿町・中嶽)


★分布:日本列島では数の少ない冬鳥   ★大きさ:64センチ(カラスぐらい)
★福江で見られる時期:本来は冬期と思われる

レンガ色の体が目立つ、やや大柄なカモ。ユーラシア大陸中部で繁殖し、
インド、中国、朝鮮半島やアフリカの一部などで越冬します。日本列島で
は冬鳥として、西日本を中心に少数が飛来します。毎年記録されるそうで
すが、定期的に飛来する越冬地は国内では知られていないようです。湖
沼や河川、田畑や干潟などに1羽か2羽で飛来することが多いといいます。
珍鳥のひとつと言えるので、飛来すると新聞に載ったりもするほどです。

そんなアカツクシガモが福江島に現れたのは、2016年6月も半ば過ぎ。
6月18日、島内のほぼ中央に位置する岐宿町・中嶽地区の水田にて、こ
の近所に職場がある知人Yさんが発見して連絡をくれました。私も現場で
確認し、鳥に詳しい知人に問い合わせたところ、福江島ではかなり以前
に飛来した記録があるだけとのこと。五島でも極めて珍しいということでし
た。


                                       (2016.6.18:岐宿町・中嶽)

飛来したアカツクシガモは、数日後に田植えをひかえた水田に陣取って
いました。
夏羽のオスなら、首に黒いリング状の模様がありますが、この個体には
それがありません。また、メスはオスに比べて頭が白っぽいことなどもあ
り、私は当初、メスだろうと思っていました。しかし、鳥に詳しい知人が観
察したところ、頭部に幼羽らしいものが見られるとのことで、まだ若いオス
の可能性もあるようでした。ということで、性別は不明としておきます。


                             (2016.6.21:岐宿町・中嶽)

五島ではほとんど観察例のない鳥ということで、翌19日も観察に行きまし
た。この日は、福江島で毎年6月に開催される国際トライアスロン大会の
開催当日。アカツクシガモのいる水田から、バイクを駆る選手たちの姿が
見えていました。


                            (2016.6.19:岐宿町・中嶽)

この日、田んぼに幾度かトラクターが入り、その時はアカツクシガモも驚
いて飛び立ちました。レンガ色に白、黒のコントラストが美しかったです。



疾走する選手たちの姿、カモの眼にはいかに映ったことでしょうか…。



ところで、今回の飛来には非常に不思議なことがあります。6月というのは、
時期的に変なのです。
普通、日本列島には冬鳥として越冬のためにやってくるわけですから、夏
の6月という時期に福江島にいるのは不可解なのです。本来ならもうとっく
に繁殖地にいなければならない時期だと思われるのですが…。何らかの
理由で旅立ちがかなり遅れてしまい、飛来の前に続いた悪天候のため、
福江島に立ち寄ったのでしょうけれども。詳しいことは残念ながら不明と
申し上げておきます。


                                      (2016.6.21:岐宿町・中嶽)

手元の図鑑には、「比較的乾燥した場所で、青草をむしりとって食べる」
とあるのですが、この個体はそのようなことをする場面には出会いません
でした。私の観察した限りでは、水を飲むようにクチバシを水面につけ、
何か食べ物を探しているようでした。水田中に生えた草の根を食べている
ようにも見えました。


                                      (2016.6.19:岐宿町・中嶽)

しばらく動き回っては休憩、また動き回っては休憩、という繰り返しで、田
んぼ数枚のエリアにずっといました。トラクター作業で一時飛び立っても、
しばらくするとまた戻ってきたそうです。
その後に田植えも行われたのですが、作業が終わるとまた同じところに
やってきたといいます。


                                     (2016.6.21:岐宿町・中嶽)

一般には警戒心が強いとされるようですが、この個体はかなりフレンドリ
ーでした。アカツクシガモとしては、相当に近距離での観察となったと思い
ます。

2016年現在、国の最新レッドリスト(2015)では情報不足(DD)という扱いで
す。もともと飛来数が少ないため、不明な点が多いということでしょう。一方、
長崎県では
絶滅危惧TA類(CR)と、最高ランクの絶滅危惧種となっていま
す。諫早市などでは時々越冬個体が記録されていますが、相当に希少な
存在だと認識してのリストアップでしょう。



なぜか6月、梅雨の最中に突然飛来した珍しいカモ。メディアでは西日本
新聞が取材し、写真とともに記事が掲載されました(6月25日、地方欄)。

夏の間ずっと滞在するのではという予測もあったのですが、発見者のYさ
んによると、6月26日を最後に姿を消してしまったということでした。おっと
りした性格で観察しやすい個体だったので、いなくなって少し寂しく感じま
した。島の真ん中で一週間ほど過ごしたアカツクシガモは、無事に繁殖地
へたどり着いたでしょうか。それとも、またどこかで道草を食っているので
しょうか。
(2016.7.19)                     


※参考資料  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
         「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る