まさに極彩色
ヤイロチョウ 八色鳥 (ヤイロチョウ科)
Pitta brachyura nympha

絶滅危惧ⅠB類(EN)…環境省レッドリスト2015改訂版
絶滅危惧ⅠA類(CR)
…長崎県レッドリスト2011改訂版



                                    (2018.5.22:島内某所)


★分布:日本列島では夏鳥(本州中部以南)   
★全長:18センチ (スズメより少し大きい)   
★福江で見られる時期:5月中旬以降の夏期

極彩色という表現がぴったりはまる、その美しさで名高い鳥です。ヤイロチ
ョウの名も「八色」、つまり多くの色を持つというところから来ています。
日本列島には夏鳥としておもに本州中部以南に飛来します。日本のほか
台湾や中国東部、朝鮮半島などで夏に繁殖し、冬は東南アジアのボルネ
オ島や中国南部などに渡って越冬します。フィリピンやマレー半島、インド
シナ半島などでは年中見られるようです。

福江島にも毎年飛来・繁殖しているとみられ、5月中旬頃になると、山のほ
うから「ピフィ・ピフィ」と2声ずつ鳴く大きな声が聞こえてきます。スズメより
ひとまわり大きいぐらいの小柄な鳥ですが、かなり離れていても響いてくる
大声の持ち主です。オスは高い木の上で体を上下に揺らしながら、なわば
りを主張してさえずります。メスも同じ声を出すといいます。



これだけ美しい姿をしているので、バードウォッチャーや野鳥カメラマンに
とっては憧れの存在です。しかし基本的に森林性の鳥であり、木立で見通
しが悪く、薄暗い環境にいるということで観察・撮影が難しい鳥でもありま
す。そう簡単には姿を拝めないということも、人気を押し上げている要素
でしょう。

食べ物は林の地表に降りてとります。好物のミミズのほか、昆虫などをと
らえます。私も、これまで島内で出会うのは林道や登山道で、地上に降り
ている時でした。



今回もまた、全く偶然の遭遇でした。別目的で山の中を歩いていたところ、
やや離れたところから声がしたので、ああ、今年も声を聞けたなあ…と思
ってなんとなく足下に視線を落とし、先に進もうと顔を上げると、視線の先
の枝にとまっていたのです。予想もしていなかったので、びっくりしました。
距離的にもかなり近かったため、驚かさないようにして撮影しました。この
チャンスを逃したら…という気持ちが出てきて、緊張したことを覚えていま
す。1分ぐらいは間近で観察できたと思いますが、ヤイロチョウは何度か
枝を飛び移り、最後はパッと飛び立って林内に消えました。

その時、最後に撮ったのが下の写真ですが、撮影してから2羽いたことに
気がつきました。画面左下が私が見ていた個体で、右上にもう一羽が写っ
ています。ペアだったのでしょう。今年も島内で繁殖してくれるのではない
かと期待します。



多くの人が心ひかれるヤイロチョウですが、絶滅が危ぶまれる鳥でもあり
ます。2018年6月現在、ヤイロチョウは国(環境省)のレッドリストでは絶滅
危惧ⅠB類(EN)
、長崎県のレッドリストでは最高ランクの絶滅危惧ⅠA類(C
R)
という位置付けです。長崎県以外でも、20以上の都道府県で非常に高
いレベルの絶滅危惧種とされ、ヤイロチョウを県の鳥にしている高知県で
もそうなっています。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは日本の環境省より一つ低い
絶滅危惧Ⅱ類(VU)というランクですが、推定個体数は数千羽程度と見積
もられています。
生息数の減少は、おそらく森林開発が主な理由ではなかろうかと思います。
福江島に、今後も彼らの繁殖に適した環境が残っていくとよいのですが。

カメラマンや観察者が増えることによる悪影響が懸念されますので、撮影
地は非公表とします。
(2018.6.20)


※参考資料 「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
        「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
       「長﨑県の野鳥(2015)」 長﨑県野鳥の会
        「日本のレッドデータ検索システム(HP)」 2018.6.20確認

        「IUCN(国際自然保護連合)HP」 2018.6.20確認

※一覧に戻る