五島にもまれに飛来
オオハクチョウ 大白鳥 (カモ科)
Cygnus cygnus



                                  (2015.12.13:旧福江市・高田)


★分布:日本(北陸・関東以北)では冬鳥   ★大きさ(全長):140センチ
★福江で見られる時期:冬期

全長140センチ、カモの仲間では最大の水鳥です。白くて大きな水鳥とい
えば、やはりハクチョウ。曲名やら童話やら、いろいろな場面でおなじみ
のハクチョウです。が、実物は見たことがないという人も多いのではないで
しょうか。日本全国で見られるわけではないからです。



オオハクチョウは夏にユーラシア大陸北部やアイスランドで繁殖し、ヨーロ
ッパの一部や中国東部、朝鮮半島などに渡って冬を越します。日本列島
も越冬場所のひとつですが、おもに北陸・関東より北に飛来します。九州
でお目にかかるのは珍しいことで、時々、ごく少数が飛来して話題になり
ます。長ア県でもなかなか見られないわけですが、長ア本土のほか、五
島や対馬で過去に記録されています。

写真の個体は2015年12月2日、島内の知人が見つけたものです。単独
での飛来で、福江島では2001年2月3日に富江町の繁敷ダムで一羽が観
察されて以来と思われるので、およそ14年ぶりということになるでしょう。


                                       (2015.12.14:旧福江市・高田)

このオオハクチョウが最初に見つかったのは、福江島東部の田んぼです。
上の写真でも、実は写真の中央にその姿が写っています。
近くでは農地改良の工事が行われており、何台かの重機が動いていた
のですが、それを気にする様子もなく、長い首を草の中に突っ込んでは
食事をしていました。水草や草の根など植物質のものを好んで食べます。



オオハクチョウがいたという情報を私が得たのは12月3日でしたが、捜索
してもなかなか出会えませんでした。しかし、目立つ鳥ですから、いれば気
づく人が少なくなかったようです。自分が目にするまでに、3人の知人から
「ハクチョウのような鳥を見た」と連絡をもらいました。こんなことは初めて
です。
観察した知人たちの話では、このオオハクチョウはエサ場の水田と、そこ
から1.5キロほど離れた福江ダム、あるいはエサ場近くの間を貯水池を
行き来しているということ、そしてなぜかいつも一羽のヒシクイ(亜種オオヒ
シクイ)と行動を共にしているということでした。
下の写真は、私がようやく出会えた時のもの。確かに聞いていたとおり、
隣にはオオヒシクイがいました。福江ダムでも一緒にいたそうですし、オオ
ヒシクイが飛び立つと、オオハクチョウも飛び立ったそうです。2羽が一緒
に飛行中の写真を撮った知人もいます。


                                 (2015.12.12)

が、翌13日にはオオヒシクイの姿は消え、オオハクチョウ単独になってい
ました。

オオハクチョウは体重10キロを越え、飛ぶことができる鳥としては非常
に重い部類に入ります。ですから、片足を上げて立った時には驚きまし
た。足が短いというのもあるかもしれませんが、他の鳥と同様のバランス
感覚を備えているのです。



私がハクチョウを初めて見たのは1990年代の新潟県の小さな人工湖でし
たが(オオハクチョウもコハクチョウもいました)、水面から飛び立つ様子を
何度も見ました。体が重いので、羽ばたきながら水面を蹴って助走し、よ
うやく飛び立つ…という姿を知っていたので、水辺でないこうしたところか
らはどうやって飛び立つのだろうかと興味をそそられました。助走するに
しても、どうするのだろうかと。
そして、ついにその瞬間を観察できる時が訪れました。夕方、エサ場にい
るところを少し離れて見ていた時です。現場に来て数分経った頃でしたが、
いきなりバタバタと飛び立ったのです。助走せず、その場から羽ばたいて
舞い上がったように見えました。水面と違って、足で地面を蹴る力も利用
できるのかもしれないですね。飛んだのを見たのは、唯一この時だけで
す。そして、やがてオオハクチョウはこのエリアからいなくなったのです。



その後、オオハクチョウは島内のところどころを移動しました。12月16日
には富江町の繁敷ダム(最初の発見地から6キロほど)で観察され、18
日には島の北部、岐宿町の川原地区(繁敷ダムから9キロほど)に現れ
ました。河口の潮受け堤防の内側です。周囲にはアシが群生しています。


                             (2015.12.22:岐宿町・川原)

水面にいるところを撮影できないままだったので、こうした場所で再び見
つかって幸いでした。



観察していると、繰り返し首を水中に突っ込んでいました。アシなのか、植
物の根を食べていたように見えます。この場所は食事もでき、ねぐらとも
なったようで、その後しばらく滞在しました。



しばらく食べると、首を羽に入れて水面で休憩。



オオハクチョウの飛来はやがてメディアの知るところとなり、長ア新聞およ
び西日本新聞の地方欄に載ったほか、日頃は自然に無関心な五島市も、
facebookで情報を出していて驚きました。
メディアによる発信の効果で、一目見ようと足を運ぶ市民もけっこういた
ようです。ただ、スマホで写真を撮ろうとしていた若者は、休憩中で首を
入れているオオハクチョウを起こそうと、手を叩いたりしていました。せっ
かく五島に来てくれたわけなので、静かに観察してあげてほしいものです。



ねぐらもエサ場も兼ねられる場所を見つけ、ここでそのまま過ごすのでは
ないか、と思っていたオオハクチョウですが、12月30日が私にとって最後
の観察になりました(これを書いている2016年2月20日現在)。


                                                (2015.12.30)

年が明けて見に来て見ると、アシ原に異変が起きていました。アシを刈る
作業が入り、けっこうな量が刈り取られていたのです。オオハクチョウの
姿はありませんでした。作業に驚いて飛び去ったのでしょう。

その後、島内でこのオオハクチョウの情報は得られていません。すでに
福江島を離れてしまったのか、それとも、人気の少ないため池にでも行っ
てしまったのか…。
私自身、五島では初めて見ることができたオオハクチョウ。1ヶ月ほどで
はありましたが、観察できた人は幸運だったと思います。
(2016.2.20)                  


※参考資料
「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会
「長ア県生物学会誌 No.59(2005)

※一覧に戻る