ちょっと地味なセキレイの仲間
タヒバリ 田雲雀 (セキレイ科)
Anthus spinoletta



                                (2015.3.16:三井楽町・浜の畔)


★分布:日本には冬鳥として飛来   ★大きさ:16センチ(スズメぐらい)
★福江で見られる時期:秋〜春

スズメぐらいの大きさの小鳥で、日本には冬鳥として大陸方面から渡って
きます。福江島でもよく見られ、農耕地や公園、神社の境内や海岸など、
いろいろな環境で出会います。
背中側はくすんだ褐色、腹側は白地に斑紋がありますが、全体としては
地味な姿で、畑に降りたりしていると、風景に溶け込んでわかりにくいこと
が多いです。単独でいることもありますが、数羽程度で見られることが普
通ではないかと思います。

この日は、三井楽町の海岸前にある芝地に5,6羽がいて、エサを探して
いました。
下の画像では、幼虫らしきものをくわえています。



丈の低い草地や農耕地などを歩き回り、虫や草の種を食べます。
時々電線にもとまっていますが、一部の爪がかなり長いのが意外でした。


                                       (2014.11.22:旧福江市・小田)



日中はそれぞれで行動していますが、日が暮れると集まってねぐらに入り
ます。島内では、鬼岳山麓でタヒバリのねぐらが観察されたそうです。
カムチャツカやサハリンのほか、中国北部やモンゴル方面、アラスカなど
で繁殖し、日本列島以外では中国南部、メキシコや中米などで越冬する
個体群がいます。
なお、名にはヒバリと入っていますが、ヒバリ科ではなくセキレイ科。尾羽
を上下に振りながら歩くのも、セキレイ類らしい特徴です。
(2015.4.4)


(2015.4.15追記)
この記事で掲載していた下記の写真ですが、これはタヒバリではなく
「ビンズイ」であるとのご指摘をいただきました。図鑑で再確認したところ、
これはやはりタヒバリではなくビンズイであると思われますので、訂正いた
します。両者は同じセキレイ科で一見よく似ていますが、見られる環境も
違うとのこと。タヒバリは田畑や海岸など開けた環境で見られるのに対し、
ビンズイは林内などオープンでない環境を好みます。下記の個体は木立
の中にある神社の境内にいましたので、それもビンズイの特徴そのもの
であるといえます。間違いのご指摘に感謝しつつ、可能な限り、このような
ミスを減らしていくことに務めたいと思います。


                                   (2013.4.11:旧福江市・城山神社)
                        


※参考文献  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社

※一覧に戻る