太く強そうなクチバシ
シメ  (アトリ科)
Coccothraustes coccothraustes



                                (2015.1.9:旧福江市・上大津町)


★分布:北海道、冬は本州以南   ★大きさ:19センチ(ヒヨドリぐらい)
★福江で見られる時期:秋~春(冬鳥)

ずんぐりした体型と、太短いクチバシが印象的な小鳥です。厚ぼったくも
見えるそのクチバシと、目のまわりからのどにかけての黒い模様のため
でしょうが、なんだかいかつい感じの顔に見えます。

ヨーロッパ方面では一年中見られるようですが、それ以外のところでは
中国北部やカザフスタン・ロシアなどで繁殖し、南日本や朝鮮半島、中国
南部などで越冬しているようです。日本では中部地方以北や北海道で繁
殖し、冬越しのために本州以南に移動します。



福江島では秋から冬にかけ、単独で見られることが多いと思います。
全国的には決して珍しいわけではなく、東京の公園などでもよく目にする
存在です。
様々な草木の実を好んで食べますが、東京では、地表に落ちたカエデの
種をかみ割って食べているようすを観察しました。太くて力強そうなクチバ
シは、厚い皮や殻もへっちゃらなのでしょう。



今回撮影したものは、近所にあるエノキの大木に飛んできた一羽です。
しばらく見ていると、エノキの冬芽を食べていました。



珍しい鳥ではないとはいえ、島内ではどこどこに行けばよく見られる、とい
う感じでもないので、普通の島民が出会う機会は多くないように思えます。
ですから、私は見つけると結構喜んでしまいます。

今回は、大木の真下から見上げるようにして撮影しました。
もっと良いものが撮れるまで、きちんとした姿は、他の図鑑やネットなど
でご確認下さい…(悲)。
(2015.1.29)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社


※一覧に戻る