集団で狩りをする
ハジロカイツブリ 羽白鳰 (カイツブリ科)
Podiceps nigricollis  



                                     (2015.3.2:玉之浦湾)


★分布:日本列島では冬鳥   ★全長:30センチ (ハトぐらい)
★福江で見られる時期:冬期(秋~春)

日本列島には冬鳥として飛来するカイツブリの仲間。体色は黒褐色と白い
部分が入り交じり、成鳥では眼が赤く見えます(虹彩が赤い)。
中国南部やユーラシア中西部などで繁殖し、日本列島やアフリカ南部など
で越冬します。それ以外に北米大陸にも個体群がいるようです。



他のカイツブリ類と同じく湖沼や河川、海岸などの水辺に飛来します。福
江島でも毎年記録されるというのですが、数は多くないようで、私は数え
るほどしか観察できていません。見つけた時もだいたいは非常に遠いこ
とが多いです。鮮明に撮影できるほどまで近づけたことは、まだありませ
ん。



撮影時は、小型の定置網のそばに5羽の群れで見られました。



上の写真には6羽が写っていますが、いちばん左はカンムリカイツブリで
す。体格が倍近く違っています。



本土の越冬地では数十羽の群れも珍しくないうえ、春の渡りの前には数
百から千羽を越える集団をつくることもあるといいます。
さらに興味深いことに、集団で狩りをするのだそうです。群れの構成員が
次々と潜水していき、巧みに魚を追いつめるという戦法。水中で見られた
ら、どんなに面白い光景でしょうか。
(2017.3.30)


※参考資料 「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
        「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
       「長﨑県の野鳥(2015)」 長﨑県野鳥の会

※一覧に戻る