水辺にひとり
イソシギ 磯鷸 (シギ科)
Actitis hypoleucos



                                (10.10.23:旧福江市・外濠公園)


★分布:留鳥である場所が多い(中部以北では夏鳥、南西諸島では冬鳥)   
★大きさ:20センチほど(ムクドリぐらい)

福江の水辺で年中見かける鳥です。私は海岸で見ることがほとんどで、
干潟や浜辺にいることもあれば、岩場の上にいることもあります。
でも、いつも一羽です。図鑑によれば、繁殖期はつがいでいるそうなの
ですが。



水際や足が届くぐらいの水深の浅いところでエサを探しますが、特徴的
なのは、尾羽を上下に振りながら歩くことです。また、驚いたりするとピュ
ピュピュ
とか、そんな感じの声を発しながら低空を飛び、少し離れたところ
に降ります。
別に珍しい鳥でもありませんが、そっと寄るとそこそこ近づけるので、見つ
けるといつも足を止めてしまいます。少しのんびりした感じに好感が持て
ます。
(2010.11.7記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研


※一覧に戻る