人と共に生きる
ツバメ  (ツバメ科)
Hirundo rustica



                                  (2015.7.9:岐宿町・楠原)


★分布:日本では夏鳥    ★大きさ:17センチ(スズメよりやや大きい)
★福江で見られる時期:春〜秋

ご存知、ツバメです。日本で見られるものは冬を東南アジア方面などで
過ごし、春になると日本に渡ってきて子育てをしています。アジア・ユーラ
シア地域だけでなく、南北アメリカ大陸やアフリカ地域など地球上の広大
な地域で見られる鳥です。



考えてみると実に不思議な鳥です。人を恐れず、人家の軒先や建造物な
ど、人の往来がある場所に巣を作って子育てをするわけですから。テレビ
でやっていましたが、中には人の暮らしている家の中に毎年巣を作りに
やってくるという例もありますし、毎日シャッターを開閉するガレージに巣を
作るなどということもあるようです。やはり、人の存在を利用して、外敵の
接近を防ぐという戦略なのでしょうね。



人の近くにやってくるということで、古来、古今東西で人々に愛されてきた
鳥でもあります。日本でも球団の名前になっていたりしますね。



2015年、福江島の何カ所かで子育てのようすを見る機会がありました。
下の写真は岐宿町(きしくまち)の中心通り沿いにある車庫に作られてい
た巣です。車庫内では少なくとも5つが営巣中で、まるで団地のようでした。
泥と枯れ草を唾液で混ぜてつくられた巣。数羽のヒナが親を待っていまし
た。


                                         (2015.7.19:岐宿町・岐宿)

食欲旺盛なヒナたちに幾度となくエサを運び続ける親鳥。10分ぐらい観察
していましたが、本当に大変だと思いました。



福江市街でも時々、巣が作られている場所があります。飲み屋の看板が
並ぶビルの通路にもあって、「毎年作りに来る」という話だったので愕きま
した。一方で、何年か連続で巣作りが見られていた某タクシー営業所では
今年は営巣が見られなかったように見えました。
近年は日本でも軒下のない洋風建築が増え、ツバメの巣作りに向いた家
屋が減っているようです。そのためもあってか、少しずつツバメの営巣が
減ってきているようです。そういえば、20年を過ごした東京23区では1度も
ツバメの巣を見たことがありませんでした。少なくとも、私の行動圏の中に
はなかったように思います。



ツバメに限ったことではありませんが、ヒナは巣立ってからも、まだしばら
くは親にエサをもらいます。そんなようすを観察していると、帰ってきた親
鳥は電線で待っているヒナに、自らは空中に浮いたままで見事にエサを
与えました。すごいですねえ。


                                         (2015.7.9:岐宿町・楠原)

9月下旬、ハチクマの渡りを見に大瀬崎に行くと、多くのツバメが島の上
空を通過していきます。フィリピンなど東南アジア方面を目指しての旅が
始まっているのです。

そういえば以前、フィリピンのセブ島でツバメを撮影したことがあるので
すが(2月)、あとしばらくしたら日本に向かうのかな…と、越冬地で出会
えたことに妙に感動したのを覚えています。その写真もここで出すはず
だったのですが…なんと行方不明…誤って消していなければいいので
すが…。
(2015.8.22)
                   


※参考文献  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る