孤高のカニハンター
ズグロカモメ 頭黒鴎 (カモメ科)
Larus saundersi
絶滅危惧U類 (VU)…環境省レッドリスト2012
絶滅危惧TA類 (CR)…長崎県レッドリスト2011



                                      (2015.3.23:富江町・土取)


★分布:日本には冬鳥として飛来   ★全長:32センチ(ハトぐらい)
★福江で見られる時期:秋〜春

世界的に数の少ないカモメの仲間。ハトぐらいの大きさで、写真の通り、
覆面をかぶったように頭が黒いです。これがズグロという名の由来なの
でしょう。しかし、これは夏羽の状態での話で、冬羽の時は頭は黒くあり
ません。翼の裏側にも黒い部分があり、塗り分けられたような白黒が実
に美しいと思います。

中国は渤海の一部沿岸・黄海の一部沿岸など、東アジアの非常に限ら
れた地域で繁殖し、越冬する場所も中国南部や台湾、日本の一部など
に過ぎません。国内では九州北部を中心に飛来します。

私は島内の知人に教えてもらい、2015年の春に初めて観察することがで
きました。一羽だけということだったので、果たして自分で発見できるのか
少し心配でしたが、飛んでいると白がよく目立ち、意外に見つけやすかっ
たです。

ズグロカモメがいたのは福江島南部の富江町の海岸です。溶岩の岩場
の先に干潟があって、そこにいました。
しばらく観察していると、行動のパターンが読めてきました。干潟の上空
を高速で飛び回っているのですが、突然ヒラリと身を翻して干潟に急降下
します。その繰り返しでした。



干潟に降りても、歩き回るようすはありませんでした。あたりを見回しはし
ますが、足は動かさず、じっとしている感じ。そして、また突然飛び立つの
です。
そのうち、やや近くに降りた時に撮影してみると、口に何かくわえています。
カニです(ヒメヤマトオサガニ)。


                                         (2015.3.25:富江町・土取)

図鑑によれば、ズグロカモメはカニを好むとあります。飛びながら、干潟の
巣穴から出てきたカニを見定め、急降下して一瞬に捕らえるのでしょう。
干潟に降りた時には、すでに狩りが終わっているのかもしれません。

ところでカモメと聞けば、ふつう群れているものと思いがちですが、種類に
よってはそうでもありません。ズグロカモメも、基本的に単独で暮らしてい
るのです。



アジアの一部地域でだけ見られる、珍しいカモメ。福江島でも観察例は少
ないのですが、詳しいことはまだわかっていません。当地では現在、自然
に関心のある人が非常に少なく、野鳥観察をする人が限られているので
す。もしかしたら、毎年のように飛来しているのかもしれません。
(2015.4.14)                         


※参考文献  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社

※一覧に戻る