小さな潜水名手
カイツブリ  (カイツブリ科)
Tachybaptus ruficollis



                                    (10.12.07:旧福江市・小田付近)                                 


★分布:全国(本州中部以南では周年見られる)  ★大きさ:25センチほど

池や湖沼、川や内湾などの水辺で目にする鳥。福江では各地のため池で
よく見つかります。全体的に茶色っぽい印象で、頭の上半分と背中が濃い
色をしています。写真のものは「冬羽」で、暖かい時期にはもっと赤味の強
い色合いの「夏羽」になります。

この鳥については、子どもの頃に持っていた子ども用の図鑑で絵を見てい
たのでなんとなく知っていました。水草などを集めて巣をつくることや、ヒナ
を背に乗せることなどが書かれていて、それが印象に残ったのです。
が、初めて見たのは20代になってから、名古屋の東山動物園の池だった
と記憶します。
その第一印象は、思ったよりずいぶん小さい鳥だなあ、ということ。
カモの半分ぐらいしかないように見えます。
それから、水上をスイスイと進みながら、突然ポコッと頭から水中に潜るの
です。そして予想もしないところから浮上し、しばらく泳ぐとまた潜水。その
頻度は相当なものです。

何のために潜るのかというと、もちろんエサを探すためです。



上の写真では何かをくわえていますが、実はこれ、大型のトンボであるヤ
ンマ類のヤゴです。浮上してきたカイツブリが何か緑色のものを食べてい
たので水草かなあ?と思ってビデオで撮影してみると、ヤゴでした。このあ
とでも別のヤゴをとらえて食べていました。図鑑によれば魚などもとるそう
です。魚をとるというのは相当な技術だと思いますね。


                                   (10.12.10:旧福江市・内闇ダム)

実際に見てみるとわかるのですが、潜水の頻度は相当なものです。その
うえ移動も速いので、カメラのファインダー内にとらえたと思ったらすぐに
潜ってしまうことが多いです。撮影は易しくはありません。
また、浮上する場所も予想がつきませんし。しかし遠くへ行ってしまったと
思っていても、いつのまにかそばまで戻っていることもあります。初夏の頃
には、福江でもきっと親子が見られるのでしょうか。そのうち見つけてみた
いものです。
(2010.12.23記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研


※一覧に戻る