尾羽の先に注目
ハリオアマツバメ 針尾雨燕 (アマツバメ科)
Hirundapus caudacutus caudacutus



                                (2014.9.28:玉之浦町・大瀬山)


★分布:福江島では旅鳥(日本では夏鳥)  ★全長:21センチ(ヒヨドリぐらい)
★福江で見られる時期:春(おもに5月頃)と秋(9〜10月頃)

中国東部などユーラシアの一部や日本列島北部などで繁殖し、オーストラ
リア東部やニューギニア島で冬を越すアマツバメの仲間。国で言えばブー
タン周辺?地域では一年中見られるようです。
姿も、風を切って高速で飛ぶようすもツバメによく似ていますが、翼を広げ
ると50センチほどにもなるので、一見すると非常に大柄なツバメに見えま
す。全体は黒っぽく、額とのど、腹部の白が目立ちます。ツバメと比べると
かなりずんぐりした胴体も印象的です。



日本列島では本州以北(特に北海道)で繁殖する夏鳥ですが、福江島は
繁殖地でも越冬地でもないので、渡りの時期にだけ見られる旅鳥というこ
とになります。9月から10月にかけては当地で多くのハチクマが渡ってい
くようすが見られますが、その時に頻繁に観察することができます。つが
いか群れで行動することが多いといいますが、単独で見られることもあり
ます。今のところ一度だけですが、100羽を越えるような大群に出会って
ビデオで撮影したこともありました。


                            (2015.9.28:玉之浦町・大瀬山)


繁殖の時期や、弱っている場合をのぞいて基本的には飛び続けている
そうです。つまり、福江島で観察する場合はとまっている姿を見ることは
困難だということになります。
非常に高速で飛び、風切り音が大きいのも特徴です。近くを通ると「シュ
ーッ!」とすごい音がします。


                                    
名前の「ハリオ」は「針尾」で、尾羽の軸(羽の中央にある軸)が羽の先端
から針のように飛び出していることから来たものです。下の写真は拡大し
すぎて不鮮明ながら、「針」がなんとかわかるのではないかと思います。
肉眼ではふつう見えませんが、双眼鏡では見えることがあります。

私自身は秋にしか見たことがないのですが、鳥に詳しい島内知人による
と、春、特に5月頃には観察できるチャンスがあるそうです。秋ほどは多く
見られないということなので、日本列島に向かっている時と、日本から越
冬地に向かう時ではコースに少し違いがあるのでしょう。


                                   (2014.9.28:玉之浦町・大瀬山)

青空を駆け抜けるように飛ぶ姿は、爽快感抜群です。スピード感あふれ
る風切り音(←近くないと難しいですが)とともに、体感していただきたい
ものです。            


※参考資料  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る