ややずんぐり体型
ノスリ  (タカ科)
Buteo japonicus



                                         (2012.12.1:岐宿町二本楠)
                          


★分布:本州中部以北で繁殖、四国以南では冬鳥   ★大きさ:55センチほど(カラスぐらい)
★福江で見られる時期:9月~4月

毎年9月頃になると福江にやってくる、カラスぐらいの大きさのタカの仲間
です。分布はユーラシア大陸やアフリカなど広範囲、日本では本州中部
より北で繁殖します。
越冬のために暖かい地域に渡る個体群の一部が、福江を訪れるのです。


                                        (2012.12.16:岐宿町二本楠)
                           
福江では農耕地近くでよく見かけます。電柱や、見晴らしのいい木の上に
とまっていて、ネズミや昆虫などの小動物の動きに目を光らせています。
開けた農耕地は獲物が見つけやすいので、ノスリにとって格好の狩りの
場です。
ノスリと同様、秋になると福江に現れるタカの仲間・チョウゲンボウも同じ
ような環境で見られます。
ハチクマほどではありませんが、それなりに警戒心が強く、ある程度まで
近づくと飛んで逃げてしまいます。


                                       (2012.11.28:岐宿町二本楠)

一見すると、トビに似ています。農耕地でもトビは見られますし、電柱の上
にいることもありますから、以前は私もよく間違えていたものです(今も時
々…)。
よく見るとだいぶ違いがあるのですが、大まかにはノスリはずんぐりしてい
る印象があります。そして、眼を見ると、なんとなく「黒目がち」というか、黒
目の部分が多いように思います。また、トビは飛んでいる時に尾羽の両端
が尖ってみえるのですが、ノスリではきれいな扇形に見えることが多いです。


                           (2012.11.22:岐宿町二本楠)

獲物を見つけると、サーッと滑空して地上に降り、捕らえます。
チョウゲンボウでは、捕らえたバッタなどを電柱や電線の上まで持ち帰っ
て食べているシーンによく出くわしますが、ノスリではそのような場面を見
たことがありません。もしかすると、地上で食べるのかもしれません。
道路を走っていると、こちらに驚いたノスリがパッと道から飛び立つことが
よくあります。


                            (2012.11.30:岐宿町二本楠)
                           
上の写真は、地上に降りたノスリが獲物を探っているところです。足を使
ってパシッと草を踏みつけていました。獲物が飛び出してくるのを狙って
いたのでしょう。 


                             (2012.10.23:岐宿町二本楠)
                                             
時々、カラスに追われていることがあります。農耕地に陣取っているカラス
にとっては、ノスリなどのタカは目障りな存在なのではないでしょうか。
同じ鳥どうしでも、熾烈な争いがあるわけですね。
なお、福江にやってくるチョウゲンボウ同様に、福江で見られるノスリの多
くは大陸から飛来しているのではないかといいます(鐙瀬ビジターセンター
のDさん談)。
また、ごくまれに福江に長居する例もあるようです。島内で幼鳥が7月に観
察されたことがあるそうです。
自然はしばしば人間の予想を越えてきます。それがまた、面白いのです
よね。ところで、ノスリは漢字で書くと一文字なのですが、「った」とい
う字で構成された漢字なのです。理由を知りたいものです。
(2013.1.3記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社


※一覧に戻る