短い冠羽がある
カシラダカ 頭高 (ホオジロ科)
Emberiza rustica  



                                 (2015.2.23:岐宿町・中嶽)


★分布:日本列島では冬鳥   ★全長:15センチ (スズメぐらい)
★福江で見られる時期:冬期(秋~春)

スズメぐらいの大きさの小鳥で、日本列島(九州以北)には冬鳥として渡っ
てきます。福江島でも毎年見られ、木立が点在する農耕地や、川岸周辺
などで出会います。よく地上に降りては、草や木の種を好んで食べます。

頭に冠羽を持ち、それを逆立てた時の姿が特徴的です。これが頭高(カ
シラダカ)の名の由来になっているのでしょう。遠目には同じホオジロ科の
ホオジロと似ていますが、冠羽があることや、お腹が白いこと(ホオジロは
赤茶色)などで見分けがつきます。



ユーラシア大陸北部(スカンジナビア半島からカムチャッカ半島にかけて)
およびアリューシャン列島で繁殖し、冬期は日本列島のほか中国東部な
どで越冬します。
写真のものは冬羽ですが、夏羽のオスでは頭部が黒くなります。5月に
入ってもまだ旅立っていない個体では、そんな黒い頭のものが見られる
ようです。
(2017.3.7)


※参考資料 「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
        「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
       「長﨑県の野鳥(2015)」 長﨑県野鳥の会

※一覧に戻る