おっとりのんびり
ウズラシギ 鶉鷸 (シギ科)
Calidris acuminata

準絶滅危惧(NT)…長崎県レッドリスト2011改訂版



                              (2017.4.24:五島市・野々切町)


★分布:日本列島では旅鳥   ★大きさ:22センチ(ヒヨドリぐらい)
★福江で見られる時期:春・秋の渡りの時期

ヒヨドリぐらいの大きさのシギ。体の背面や側面は茶褐色が目立ち、羽の
一枚一枚が白く縁取られて見えるのが特徴的です。北半球のシベリア北
東部で繁殖し、冬期は赤道を越えて南半球のオーストラリアやニューギニ
ア島などに渡って越冬します。日本列島では旅鳥で、春と秋の渡りの間に
立ち寄ります。福江島でも毎年観察されます。



水田や湿地、海岸などの水辺に飛来してカニや貝、昆虫などを食べます。



写真の個体は春の水田で目にしたもので、2羽いました。通常は単独ま
たは少数で見られますが、時には100羽もの群れで観察されることもある
といいます。



下の個体は海岸にいました。単独で、近くにはハマシギやダイゼンなども
見られました。これまでの私の経験では、警戒心はさほど強くないように
思えます。こちらに気付いてもあまり気にしない感じですし、じっとしている
と数メートルの距離まで寄ってくることも幾度かありました。


                                    (2017.4.23:三井楽町・白良ヶ浜)

2017年6月現在、国のレッドリストには載っていませんが、10を越える都
道府県で絶滅危惧種としてレッドリストに名を挙げられています。長崎県
では準絶滅危惧(NT)というレベルです。
のんびりした雰囲気が好ましいシギですが、少しずつ数を減らしているの
かもしれません。
(2017.6.20)                         


※参考資料 「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長崎県の野鳥(DVD)」 長崎県野鳥の会
        IUCN(国際自然保護連合) HP

※一覧に戻る