にぎやかな冬の小鳥
マヒワ 真鶸 (アトリ科)
Carduelis spinus


 
                                    (2013.4.10:三井楽町・浜の畦)


★分布:全国   ★大きさ:12センチ(スズメぐらい)  
★福江で見られる時期:冬~春?(冬鳥)

スズメぐらいの大きさの小鳥で、冬から春にかけて見られることが多いと
思います。
おもにシベリア方面(一部は北日本でも)で繁殖し、子育てを終えると冬を
越すために日本にも渡ってきます。パッと見の印象は、黄色っぽいスズメ
という感じでしょうか。性別や成長の度合いによって色に変化があり、例え
ばおとなのオスでは頭の上部とのどのあたりの黒みが強いです。下の写
真はおとなのオスだと思います。



春、クヌギかアベマキと思われる木が花を付けていて、それを撮影してい
たところ、樹上にマヒワの群れがいることに気づきました。
10羽以上はいたと思います。チュピーチュピーと声をあげながら、垂れ下
がった花を盛んに食べていました。
へえ、こんなものを食べるのかと、興味深かったうえにあまり私を気にして
いない様子だったので、10分以上にわたって主にビデオ撮影しました。


                                         (2012.11.25:五島市雨通宿)

図鑑によれば、山地や平地、草原などいろいろな環境に現れ、繁殖期以
外は群れで行動します。食べ物は草の種やヒノキなどの実だそうです。



しばしば上の写真のように、釣り下がるように逆さになって食べていること
も多かったです。



みんなで鳴きながらの、にぎやかな食事風景でした。
(2013.4.20記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る