勘違いでその名が付いた
ブッポウソウ 仏法僧 (ブッポウソウ科)
Eurystomus orientalis calonyx

絶滅危惧TB類(EN)…環境省レッドリスト2015
絶滅危惧TA類(CR)…長崎県レッドリスト2011



                                  (2016.6.1:岐宿町・河務)


★分布:日本列島では夏鳥   ★大きさ:30センチ(ハトぐらい)
★福江で見られる時期:おもに春の渡りの時期(秋も時々見られる)

ハトぐらいの大きさで、黒っぽい頭に朱色のクチバシ、青緑色を帯びた姿
が美しい渡り鳥。ユーラシア大陸東北部や日本列島、オーストラリアで繁
殖し、東南アジア方面で越冬します。長ア県では渡りの時期に短期滞在
するのみで、繁殖は確認されていないようです。福江島ではおもに春の
渡りの時期、4〜5月頃を中心に山間の電線にとまっている姿を観察でき
ますが、秋は渡りのルートが変わるのでしょうか、あまり見られません。

のどの部分の、深みのある青もきれいです。しかし、こうした色彩は晴れ
ている時だけで、曇っていたりすると全体的に黒っぽい鳥にしか見えませ
ん。島内で「クチバシが赤いカラスがいた」という話を聞いたことがあるの
ですが、おそらくブッポウソウではないかと思います。



福江島では多くの場合は単独で、時に複数で見られます。


                                      (2016.5.25:富江町・繁敷)

ハトぐらいの大きさもありますし、いればすぐに目にとまるのですが、警戒
心はそれなりに強い個体が多いです。車の中からなら大丈夫ですが、人
の姿に気がつくと、だいたい飛んで逃げてしまいます。私などはバイクな
ので、「あっ!」と見つけてバイクを停車した時点で飛ばれてしまうことが
結構あります。まあ、もっと遠くから見つける能力があればそうしたことに
はならないのですが…。



飛ぶ時は、パタタッ パタタッという感じの独特のリズムで羽ばたく感じで
す。翼を広げると羽の先の方に白い斑点があり、きれいなのですが、まだ
うまく撮ることはできていません。



とまっている場所からパッと飛び立ち、飛んでいるトンボなどを捕らえて食
べます。私も一度それを観察できたのですが、知人は山間の畑に降りて
獲物を捕っているようすも見たそうです。

考えてみるとブッポウソウとは不思議な名で、漢字で「仏法僧」と書きます。
これは仏教の三宝とされるものだそうですが、なぜこの鳥にこんな名が付
いたかというのは、野鳥ファンだけではなく、雑学ネタとしてもよく知られる
ところです。ブッポウソウは大木のあるような森林に生息する鳥で、そこか
ら聞こえる「ブッキョッコー」という声の主であると、ある時期まで考えられ
ていました。その声を「仏法僧」と聞きなし、ブッポウソウの名が付いたの
です。しかし1935年、ブッキョッコーと鳴く鳥は実はフクロウの仲間・コノハ
ズクであることが判明したのでした。実際は「ゲーッゲーッ」と濁った声で
鳴くブッポウソウですが、名前だけは残されて今に至ります。ブッポウソウ
は「姿のブッポウソウ」、コノハズクは「声のブッポウソウ」と言われていま
すね。


                              (2016.6.1:岐宿町・河務)

上の写真と下の写真、2日連続同じ場所で観察されたもので、おそらく同一
個体と思われるのですが、撮影時の日光の条件で羽の色がずいぶん変
わって見えます。こんなところも、野鳥写真を撮る人にとっては魅力となっ
ているのではないでしょうか。


                              (2016.6.2:岐宿町・河務)

2016年現在、国の最新レッドリスト(2015)では絶滅危惧TB類(EN)、長ア
県でも
絶滅危惧TA類(CR)と、高いレベルで絶滅が危ぶまれる存在です。
ブッポウソウは大木のうろに好んで巣を構えますが、最近はそうした木が
減っているとのことで、それが数を減らしている要因のひとつと考えられま
す。最近は人工物に巣作りをすることもあるそうで、ブッポウソウのために
巣箱を架けている地域もあります。

接近しての撮影は簡単ではありませんが、姿を見るだけなら意外にチャン
スがあります。できれば晴れた日に、美しい色合いを目にしてほしいと思
います。
(2016.6.12)                     


※参考文献  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
        「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る