観察地域が拡大中
ギンムクドリ 銀椋鳥 (ムクドリ科)
Sturnus sericeus



                         (2016.3.30:さんさん富江キャンプ村)


★分布:中国南東部(日本では冬鳥または旅鳥)  ★大きさ(全長):24センチ(ヒヨドリぐらい)
★福江で見られる時期:春または秋


中国南東部に一年中生息するムクドリの仲間。一部は台湾に冬鳥として
飛来しますが、日本でも1970年代に沖縄の与那国島で観察されて以降、
南西諸島を中心に飛来が確認されるようになりました。現在では、沖縄
方面ではわりとよく見かける冬鳥になったようですし、本土ではまだまだ
珍しいものの、長崎県内では対馬など島々のほか、昨今は長崎市内でも
毎年のように飛来するようになっています。福江島では春の渡りの時期に
観察されることが多い(秋にはあまり見られない)旅鳥、という位置づけで
はないでしょうか。

私自身は2016年の春に初めて観察しました。上の写真はメスで、園地の
芝地にいたものです。
この時は18羽ほどのムクドリ類の集団がいて、うち5,6羽ほどがギンム
クドリ、残りがムクドリでした。下の写真では真ん中の1羽がギンムクドリで
す。



せわしく歩き回って昆虫などを探していました。



ムクドリもギンムクドリも、口をガバッと広げて地面にかみつくようにしな
がら掘り起こしていました。付近にはダンゴムシやクモ類、甲虫などが潜
んでいます。



下の個体がオス。頭がベージュ、そこから後ろが灰白色ベースで、首の
ところで色がはっきり分かれているように見えるのが特徴です。オスもメ
スもなかなかに美しく、その色合いから置物のように見えるのも面白い
ですね。



下の写真は、奥がメスで手前がオスです。



福江島ではムクドリも渡り鳥ですが、ギンムクドリはその集団の中に混じ
っていることが少なくないほか、単独や小集団で見られることもあります。
10羽を越える群れが観察されたことも。


                               (2016.3.27:玉之浦カントリーパーク)

私自身がこれまで観察したのは玉之浦カントリーパーク、さんさん富江キ
ャンプ村、大浜高崎公園など。海岸近くの公園地などのほか、島内中央
の農耕地などでも観察されています。日本列島でも少しずつ、観察できる
地域が広がっているようなので、いずれは五島でも頻繁に目にする存在
になっていくのかもしれません。
(2016.4.23)                 


※参考資料
「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る