福江に大群は来ず
ハマシギ 浜鷸 (シギ科)
Calidris alpina

準絶滅危惧 (NT) …環境省レッドリスト2012
準絶滅危惧 (NT)
…長崎県レッドリスト2011



                                 (10.10.23:旧福江市・外濠公園)


★分布:旅鳥、または冬鳥   ★大きさ:20センチほど(ムクドリぐらい)

干潟や砂浜、水田など様々な湿地で見られる小さなシギの仲間。少しず
んぐりした感じの体型に、黒く細長いクチバシを持っています。
夏にシベリアなどで繁殖し、日本には冬越しのためにやってきます。
ゴカイや小さな貝などが好物で、干潟などをチョコチョコとせわしなく走り
回ってエサを探します。



場所によっては千羽をこえる群れで見られます。一斉に群舞するようす
をテレビ番組で見たことがありますが、ものすごいものです。
私は福江港そばの外濠公園(石田城の壕)や海水浴場などでよく見つけ
ますが、いつも単独とか、数羽しか見たことがありません。
島の鳥に詳しい知人の話でも、やはり福江では小さなグループしか見ら
れないとのことでした。ハチクマは1万、2万とやってくるのに、どうしてで
しょう。
彼らにとって、エサ場となる場所があまり広くないということなのかもしれ
ません。
(2010.11.7記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

       「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社

※一覧に戻る