観光歴史資料館の屋根にズラリ
アオサギ 蒼鷺(サギ科)
Ardea cinerea



                    (06.10.17:外濠公園)


★分布:四国以北で繁殖、越冬は本州以南
★大きさ:93センチ

水辺で見られる大きな鳥で、ツルに間違われることもあります。福江では
川や海辺の砂浜でよく目にします。私がよく見かける場所は福江川、外
濠公園、六方の砂浜など。福江川では川の中で、じっと魚を狙っています。
春から夏にかけ、木の上に集団でコロニーをつくって子育てをします。



わりと警戒心が強く、橋の上から近づくだけで飛び立ってしまいます。
それなりの望遠レンズでないと写真を撮るのは難しいです。


                                                (06.5.26:福江川)

さて、福江港から徒歩で5分ほど歩くと、日本で唯一の海城であった石田
城の城跡があります。城壁の中には五島高校や五島邸、五島観光歴史
資料館などがあり、城壁を取り囲む堀の一部は外濠公園(そとぼりこうえ
ん)という公園になっています。
公園に面した堀は海とつながった泥質干潟になっていて、カニなどがたく
さんいるので水鳥たちが集まってきます。そして、その中にはアオサギも
います。


                               (06.10.17:外濠公園)

06年の秋、その日は福江を離れる当日だったのですが、2時間ほど時間
ができたので、私は外濠公園に行きました。アオサギもいたので、初めて
撮影をしていたのですが、そこから、堀の内側にある五島観光歴史資料
館(城をかたどった建物です)の屋根の上にポツ、ポツと何かが並んでい
るのに気づきました。何だろうと思って双眼鏡で見てみると、それは10羽
以上のアオサギだったのです。


                             (06.10.17:外濠公園より)





上の写真には11羽のアオサギが写っています。
建物の屋根の上にいるというのも初めて見ましたが、これほどズラズラと
並んでいるとは、笑ってしまいました。
彼らにとっては、格好の休憩場所になっているのでしょうね。
(2007.10.8記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る