くちばし細め 畑のカラス
ハシボソガラス 嘴細鴉 (カラス科)
Corvus corone



                                    (2015.2.3:玉之浦町・小川)


★分布:日本全国   ★大きさ:50センチ

ハシブトガラスとともに、一般に「カラス」と呼ばれています。ハシブトガラス
に比べるとやや小さく、クチバシがやや細め。そして、ハシブトのように額
が出っ張っていません。全体的にスリムな印象があります。



上の写真はハシボソガラス、下はハシブトガラスです。最初は私も区別が
つきませんでしたが、しばらく観察しているとわかるようになりました。同じ
場所に両方がいることもあるので、その時は比較することができます。


                         (ハシブトガラス 2014.4.25:鬼岳山麓)

ハシブトと同じく雑食性ですが、ハシブトよりも自然の食べ物に依存してい
るそうで、より自然度の高い環境が必要なのだといいます。ハシブトガラ
スのように、ビル街でも平気で暮らしていけるということはありません。や
や自然派のカラスなのです。また、鳴き声は「ガァー」と濁り、「カァー」と
鳴くハシブトとは明らかに違います。


                               (2015.2.11:岐宿町・寺脇)

福江島では畑でたくさん見られることが多いほか、海岸や川辺、人家そ
ばなど様々な環境で見られます。夜は特定のねぐら(林)に集まり、日中
は食べ物を探して分散します。繁殖期には、つがいで木の上に枝を集め
て巣を作り、子育てをするのはハシブトガラスと同様です。


                              (2015.1.5:旧福江市・高田)

ハシブトでもハシボソでもそうなのですが、カラスを撮影していると面白い
ことに気がつきます。鳥を撮影する時には「連射」と言って、一秒間に何
枚もシャッターを切ることが少なくないのですが、カラスを連射すると高確
率で「白目」が写るのです。
下は通常状態ですが…。



同じ個体を連射してみると…「白目」が写りました。これはいったい?



実はこれ、カラスが白目をむいているのではなく、「瞬膜(しゅんまく)」と
いうものを閉じた瞬間です。瞬膜は、まぶたと眼球の間にある膜で、眼球
を保護したり潤いを保ったりする役割があり、人間などの哺乳類では退化
していることが多いようですが(犬や猫にはあるそうです)、鳥やは虫類な
どには普通に見られるものです。水平方向に開閉し、鳥の場合は一般に
目頭から目尻に向かって開閉するようです。そのようなことで、別にカラス
でなくとも瞬膜はあるのですが、ふつうは透明あるいは半透明をしている
ものが多い中で、カラスのものは白っぽくて見えやすく、写真にもよく写る
ということらしいのですね。どの個体を連射しても、よく写ります。


                              (2015.2.1:岐宿町・寺脇)

時には悪知恵を発揮し、新聞やテレビを賑わすのはハシブトガラスが多い
ように思うのですが、ハシボソガラスだって負けてはいません。一時期テ
レビでも紹介されて有名になったのですが、宮城県仙台市で、車道にクル
ミを置き、車にクルミを轢かせて中身を食べるカラスがいるという話があり
ました。あれはハシボソガラスなのです。仙台での事例のあと、各地で同
じような例がいくつか報告されたそうですが、みなハシボソガラスだったと
いいます。ハシボソばかりで、なぜハシブトはやらないのかということにつ
いては、ハシブトはより大きくて強いので、そこまで知恵を使わずとも食べ
物が手に入るのだとか、いくつかの説があるようです。
ハシブトも、このハシボソも、いずれ譲らぬ知恵者であるということは間違
いありません。
(2015.2.20)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社

※一覧に戻る