都会でも繁栄するカラス
ハシブトガラス 嘴太鴉 (カラス科)
Corvus macrorhynchos



                                       (2014.4.25:鬼岳山麓)


★分布:小笠原諸島をのぞく日本全国   ★大きさ:57センチ

ニッポン北から南まで、全国に分布し、誰でも知っている「カラス」。福江島
にもたくさんいるわけですが、一口にカラスといっても、日本で一年中見ら
れるカラスには2種類あります。そのひとつがこのハシブトガラスです。
「ハシブト」とはクチバシが太いことを意味しており、その名の通りの外見
です。先がやや下に曲がったクチバシはいかにも強力そうですね。



日本で年中見られる2種類のカラス、そのもうひとつはハシボソガラスで
す(写真下)。ハシブトと比べて体がやや小さくて細身、クチバシも細く、ハ
シブトのように額が出っ張っていません。


                         (ハシボソガラス 2015.2.3:玉之浦町)

鳴き声にも明らかな違いがあります。ハシブトは「カァー」と鳴くことが多い
ですが、ハシボソは「ガァー」と濁った声をしているのです。

ハシブトガラスは、都会でも繁栄しているカラスです。私は2014年の春まで
東京にいて、渋谷区内で仕事をしていました。渋谷にはセンター街という
通りがあって、職場への行き帰りにそこを通過するのですが、毎朝、生ゴ
ミをあさるハシブトガラスがたくさんいました。あまり人を恐れないので、ち
ょっと怖い感じもありました。夏になると、カラスが散らかした生ゴミが腐臭
を放ち、毎日が暑くて臭い渋谷の街でありました。


                                 (2014.4.25:鬼岳山麓)

春の繁殖期になると、ペアは木の上に巣を作って子育てをします。都会
であれば街路樹や公園の木などに巣を作るわけですが、この時期、巣の
近くを通るとカラスの攻撃を受けることになります。毎年のようにニュース
でやりますよね。実際には、クチバシや足の爪を使っての攻撃というわ
けではなく、羽でかすめる程度の威嚇ですが、いきなり背後からカラスが
飛びかかってくるのですから、かなりびっくりします。

私が渋谷区内の小さな会社にいたとき、その倉庫が屋上にありました。
5月頃だったかと思うのですが、そこに物を取りに行ったとき、後ろから
バサーッ!とやられたことがあります。建物のすぐ脇にある街路樹に巣
があったのです。その後も、倉庫に行くたびに攻撃してくるものですから、
一度とっちめてやろうと考えました。棒を持って屋上へ行き、襲ってきた
カラスに対し、棒を振り回して逆に追い詰めました。威嚇を続けながらも
、棒にたじろぐカラス…さらに間合いを詰める私…。と、その時、「バサー
ッ!」と、まさかの背後からの攻撃が!そう、もう一羽いたのでした。こち
らの油断と死角を突いた、夫婦の巧みな連携。もはや私は、これはかな
わない、ということで退散したのでした。


                             (2013.8.21:岐宿町・水の浦)

福江島はさすがに都会ではないので、少なくとも私の周辺ではこうした話
は聞きません。が、畑や庭の作物や果物を食べあさったり、人の荷物を
荒らしたりということは同じです。下の写真は、私の原付バイクにやって
きて、樹脂製のバッグを開けようとしているところ。チャックの閉め方が甘
くて、開けられてしまったことが数回あります。知恵がまわる上に器用さも
備えている鳥です。


                                            (2014.4.25:鬼岳山麓)

島内でこうした危険がある場所はいくつかあって、人が多く集まる場所や、
弁当を食べる場所などです。今まで私がやられたのは、大瀬崎の駐車場、
つばき屋シティモール店(スーパー)の駐車場、鬼岳山麓にある園地(下
の写真)の駐車場です。レジ袋が見えているとやられます。特に大瀬崎は
何度も痛い目にあった要注意ポイントです。ただ、どの個体も悪さをする
ということではありません。また、このようなことをするのは基本的にハシ
ブトガラスで、ハシボソガラスはやらないというのが普通のようです。


                             (2014.10.7:玉之浦町・大瀬崎)

島内には「カラスの行水」がよく見られる場所もあります。私が知っている
のは、国道384号線沿い、三井楽町の自衛隊飛行場そばにあるため池
(写真下)、玉之浦町荒川の河口(七嶽神社参道入り口)、岐宿町寺脇の
鰐川(わにがわ)にかかる橋の下です。いずれの場所も、高確率でカラス
の水浴びを観察することができます。


                                            (2015.2.1:三井楽町)

図々しい印象が強い鳥ではありますが、撮影するのは意外に難しいです。
頭上の電線にとまっていても、カメラを向けると多くの個体が逃げてしまい
ます。


                                          (2015.2.14:岐宿町・寺脇)

私には鳥の気持ちはわかりませんが、仲間に対する意識が強い鳥では
なかろうかと感じます。
福江ではありませんが、ある場所で早朝、ハシブトガラスの群れが大騒
ぎしていました。見ると、そのうちの一羽が若いオオタカに仕留められ、
食べられていたのです。そのカラスはすでに絶命していましたが、まわり
には、仲間たちが声を上げながら集まり、オオタカを威嚇し続けていまし
た。オオタカを恐れながらも、隙をついてクチバシで攻撃をするものもい
ます。つつかれたオオタカの尾羽は血に染まっていました。カラスは仲間
を助けようとしていたのでしょうか。
また、これも福江ではありませんが、東京の明治神宮の警備員にこんな
話を聞いたことがあります。ある時、死んだ一羽が神宮の木立の中に横
たわっていたそうです。その傍らにはもう一羽がいて、ずっと寄り添うよう
にして離れなかったというのです。そのようすに感動してしまったという警
備員は、「夫婦だったのではないか」と話しました。実際に夫婦かどうか
はわかりませんが、やはり仲間同士の絆が深いのではないでしょうか。
良きにつけ悪しきにつけ、様々なエピソードにあふれた鳥です。
(2015.2.21)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社


※一覧に戻る