大空を疾走するハンター
ハヤブサ (タカ科)
Falco peregrinus
絶滅危惧U類 (VU) …環境省レッドリスト2012
絶滅危惧TB類 (EN)
…長崎県レッドリスト2011



                       (玉之浦町大瀬崎にて:井上勝巳さん撮影)


★分布:日本全国
★大きさ:オス40センチ、メス50センチ(カラスぐらい)

ハヤブサ。鳥に詳しくない普通の人でも、名前は知っているでしょう。そし
てなんとなく、スピードに優れた狩りの名手、みたいなイメージもあります
よね。

ハヤブサはタカの仲間で、福江島の大瀬崎でもしばしば見られます。
例えば秋、ハチクマの渡りを観察している時、上空に姿を現します。風の
中を流れるように高速で飛び、獲物を狙います。飛行中の鳥を急降下して
捕らえるのが得意で、その時のスピードはなんと時速400キロに達するそう
です。私も一度、ハリオアマツバメを捕らえるのを見たことがあります。

平地から山地の海岸や水辺近くなど、いろいろな環境で見られるようです。
以前、伊豆大島で見つけた時は、海岸の崖にとまっていました。
なお、下の画像はビデオで撮影したもので、大瀬山の山頂に立っている
アンテナ?に2羽のハヤブサ(矢印の先)がとまった時に撮影したものです。


                        (05.9月末:玉之浦町大瀬崎にてビデオ撮影)



福江で目にするハヤブサは、年中見られるものなのでしょうか。
9月にしか見ていないので、今のところなんともいえません。
(2007.9.16記)                          


(2014.10.21追記)
その後、ハヤブサは年を通じて島にいるものと、渡ってくるものがいること
がわかりました。いずれ、記事を書き直します。


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
       「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社

※一覧に戻る