空中静止でピーチクパーチク
ヒバリ 雲雀 (キジ科)
Alauda arvensis



                        (2012.4.18:旧福江市・大津みなと公園)


★分布:九州以北(冬は本州以南)     ★大きさ:17センチ(スズメぐらい)     

開けた草原や農耕地などで見られます。福江では鬼岳の草地などで普通
に目にしますが、ああ、これがヒバリかと認識できない人も多いのではな
いかと思います。というのは、彼らは草地にすんでいるので、地上に降りる
と茂みの中で、ほぼ姿が見えないことが多いからです。

しかし、特徴的な行動をするので、知っていれば観察がしやすい鳥でもあ
ります。春から初夏にかけ、ヒバリは空中の一点で静止しながら(ホバリン
グ)ピーチクパーチク、いやピュルリピュルリとかチュリチュリチュリ…とさ
えずります。
双眼鏡がなくとも、その姿を見ることはできます。そう、それがヒバリなの
です。この行動はなわばり宣言、あるいは、巣を見張るときに行うと考えら
れています。



鬼岳でもよく見ますが、福江港に近い大津みなと公園もヒバリが多い場所
です。さえずりながらのホバリングをはじめ、オスの争いなのか、しばしば
2羽、3羽が追いかけあうように絡む姿も見られます。この時は地上に近
い場所を飛びますし、かなり近い距離で見ることができます。

ある時、草地を歩き回るヒバリを見つけましたが、そのくちばしには何匹
ものイモムシがくわえられていました。おそらく子育て中なのでしょうが、
器用なものです。観察していると、時々地上に置いてくわえ直す様子が
見られました。





以外に観察しやすいヒバリですが、注意すべきことがあります。
草地に踏み込むと、わずか2,3メートル先からヒバリが飛び出すことが
あるのです。春から初夏にかけては子育てをしていると思われるので、
うっかり巣を壊してしまったりしないように注意したいものです。自戒をこ
めて申し上げます。
(2012.5.11記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る