椿の島の立役者
ヒヨドリ  (ヒヨドリ科)
Hypsipetes amaurotis



                                             (2013.2.24:鬼岳)


★分布:全国   ★大きさ:28センチ   ★福江で見られる時期:一年中

日本各地の野山や人里でごく普通に見られる鳥。福江島でも、もっとも
身近な鳥のひとつといえるでしょう。ピーヨ、ピーヨと騒がしく鳴くことがあ
りますが、その声も多くの人にとって聞き覚えがあるのではないでしょうか。

昆虫から果物、花の蜜などいろいろなものを食べます。
下のヒヨドリは、森の中に仕掛けた自動撮影カメラに写ったものですが、
私がカメラの前に置いたドングリなどの木の実の中から、赤いヤブコウジ
の実を選んで食べました。


                                        (2014.2.5:富江町・繁敷)

どこにでもいますし、姿も地味なヒヨドリはあまり注目を浴びない存在です。
福江島でも意識している人は少ないと思うのですが、実は島にとっては重
要な役割を果たしてくれています。冬の時期、ヒヨドリの写真を撮ると、下
のようにクチバシが黄色になっていることがしばしばです。これは、ヤブツ
バキの花粉です。ツバキの蜜をなめるため、必然的にこうなるのですが、
つまり、ヒヨドリはツバキの受粉に大きな貢献をしている鳥であるという
ことです。


                                     (2013.1.23:旧福江市・野々切)

「椿の島」として売っている福江島、少しはこのヒヨドリに感謝してもよいは
ずですね。



かつてどこかで書いたかもしれないのですが、私は10歳前後の頃、福江
の家の庭でヒヨドリを捕まえたことがあります。庭にあったヤツデの上に
ヒヨドリが来ていて、たも網を持っていた私は、木の陰から近づいてバサッ
とやったところ、捕れてしまったのです。遊び半分、まさか鳥がとれるわけ
はないだろうと思っていたので、逆にびっくりしました。すぐ逃がしましたが、
忘れられない福江の思い出の一つです。
(2014.2.23)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る