イッピツケイジョウツカマツリソウロウ?
ホオジロ 頬白 (ホオジロ科)
Emberiza cioides



                            (2012.2.6:旧福江市・西来院)


★分布:日本全国      ★大きさ:17センチ(スズメぐらい)    

年を通じて福江で見られる、スズメぐらいの大きさの鳥です。人家近くから
山のほうまで、いろいろな場所で普通に目にすることができます。
茶色っぽい体に、白と黒の模様がある頭。目の下に白い部分があり、これ
を白いほっぺたと見なしてホオジロというわけです。


                           (2012.4.17:岐宿町・京嶽公園)

この鳥の存在に気づかされるのはやはり春でしょう。繁殖期を迎えたオス
は、木のこずえや電線にとまり、上を向いてさえずります。

「ピッピチュ・ピーチュー・ピリチュリチュー(wikioediaより引用)」

こんな具合に聞こえますが、昔から「一筆啓上仕り候」などという聞きなし
がなされています。


                      
よく目立つ声ですから、それらしき声が聞こえたら見回して見てください。
比較的簡単に見つかると思います。かなり近寄っても逃げないことが多い
ですが、いかんせん小さいので、観察には双眼鏡があると便利です。



地上に降りて食べ物を探している場面にもよくでくわしますが、春から夏
頃は子育てのためもあってか昆虫類を、それ以外の時期は草の種を食
べるそうです。
(2012.5.11記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る