潮騒が引き立てる歌声 
イソヒヨドリ 磯鵯 (ツグミ科)
Monticola solitarius



                                   (06.5.23:大浜海岸)


★分布:日本全国    ★大きさ:23センチほど

福江では岩場のある海岸でよく見られます。上の写真を撮った旧福江市
の大浜海岸は、たいがい見ることができる場所の一つです。単独かペア
でなわばりを持つので、一度見つけると次回からは探しやすい鳥と言える
かもしれません。
写真では海際の柵にとまっていますが、岩の上や海辺の建物の屋根、電
柱などにいることが多いです。特に珍しい鳥ではありませんが、オス(写真)
は青と赤茶色のツートンカラーでなかなか見栄えがします。



さらに、高らかにさえずるオスの声は非常に美しく、天気のよい穏やかな
日に波の音と合わさるとなんともいえない心地よさです。福江の海辺でき
れいな声が響いたら、あたりを見回せばこの鳥がいるはずです。

そして、下の写真がメス。オスとは違ってずいぶん地味な姿をしています。


                                           (08.2.25:大浜海岸)

私は鳥についてはあまり詳しくないのですが、このイソヒヨドリはわりと人
を恐れない鳥という気がします。10メートルぐらいまでなら、わりと大胆に
近寄っても逃げないことが多い印象です。


                               (06.5.23:大浜海岸)

岩の割れ目などに枯れ枝などを敷いて巣を作るのだそうです。
上の写真のペアも、大浜海岸のどこかで子育てをしているのでしょう。
(2008.3.31記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る