森に潜む天然記念物
カラスバト 鳥鳩 (ハト科)
Columba janthina
国指定の天然記念物
準絶滅危惧(NT)…環境省レッドリスト2012
絶滅危惧U類(VU)…長崎県レッドリスト2011



                              (2016.2.24:富江町・繁敷)


★分布:伊豆諸島、五島列島、南西諸島など  ★大きさ:40センチ(ハトぐらい)

全体的に黒っぽく見える大型のハトで、国の天然記念物に指定されてい
ます。国内では主に伊豆諸島や五島列島、南西諸島などの島々を中心
に生息し、国外では韓国の一部の島でも見られるそうです。
今回撮影した写真は全て、自動撮影カメラ(Fieldnote DUO/麻里布商事)
によるもので、ストロボ光が当たっています。少し赤目ぎみに見えるのは
そのためかもしれません。

森林に棲息していて、キジバトのように開けた農耕地や住宅地そばなど
に出てくることはまずありません。福江島では島内各地の自然林で見る
ことができますが、薄暗い木立の中にいるため、観察や撮影は容易では
ありません。登山道や林内を歩いていると、森の地表に降りていたカラス
バトが驚いて飛び立つことがよくあります。そのあと林内の高い枝にとま
ることが多いのですが、環境が暗い上に黒っぽい鳥なものですから、姿
を確認するのは骨が折れます。運よく姿が見えた場合でも、暗いので撮
影は難しいことが大半です。


                                            (2015.3.13:富江町)

しかし、姿を見ることはできなくとも、その独特の声で存在を知ることは容
易です。牛の声を低くしたような「ウーウ、ウウーウ」と声。私が知っている
林では複数の個体が居着いているようで、高い確率で声が聞こえます。


                                        (2016.2.20:富江町・繁敷)

様々な木の実を食べ、樹上および森の地表に降りて食べ物を探します。
スダジイのドングリも好物のひとつで、私の経験上では、ドングリが落ち始
める秋には、登山道などに降りている姿を見ることが多くなります。

下の画像は冬の17時台、かなり暗くなった林内です。カメラから距離が近
いので、カラスバトが画面からはみ出してしまうことが多くありました。



複数で行動することも多いようです。自動撮影を重ねてわかってきたこと
です。



下は3羽が写っています。画面の上の方に写っていたので、横長にトリミ
ングしました。

2015年から2016年にかけての撮影では、朝7時台と夕方17時以降に
のみ写りました。



スダジイのドングリをくわえている個体。この林はスダジイが多く、秋から
冬にかけてのカラスバトには格好の居場所になっているようです。



国の天然記念物でもある鳥で、しかも五島列島は主要な生息地のひとつ
なのですが、通常の生活圏ではなかなか見られないため、島民にはほと
んど知られていません。
しかし、福江島の二次離島である有人島、黄島(おうしま)や椛島(かばし
ま)などでは、知っている人がそれなりにいます。日本列島本土より島々
に多く見られるカラスバトですが、さらにいえば、より開発の少ない、ある
いは競争相手の少ない島々に多いのかもしれません。2015年6月に、福
江島の北に浮かぶ無人島・姫島(かつては有人島だった)に上陸したこと
がありますが、カラスバトが高密度に生息しているようで驚いたものです。

2016年4月現在、国レベルでは準絶滅危惧(NT)、長ア県では絶滅危惧
U類(VU)
となっています。生息地である森林開発が最大の脅威です。


                                         (2016.2.21:富江町・繁敷)

なかなかじっくりと観察できない鳥ですが、一度、頭上2mほどの至近距
離で相対したことがあります。七ツ岳に登ろうと、駐車場にバイクを停めて
準備をしていた時のこと。ふいに飛んできた1羽が、私の真上の木の枝
にとまったのです。人がいることに気づかなかったのか?私はカメラをそ
っと取り出し、望遠レンズに交換。上を見上げると、すでにカラスバトの姿
はありませんでした。
林の中では観察も撮影も大変ですが、飛んでいる姿を見ることもあります
し、たまに電線にとまっていることもあります。木立のそばで黒っぽい鳥を
見かけたら、どうせカラスだろうと思わずにお確かめ下さい。
(2016.4.15)                          


※参考資料   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
        「長崎県レッドデータブック2011」 長ア新聞社
           「山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社

         
 「長ア県の野鳥」 長ア県野鳥の会

※一覧に戻る