一年中見られるカモ
カルガモ 軽鴨 (カモ科)
Anas poecilorhyncha



                                 (07.1.19:旧福江市・福江ダム)


★分布:日本全国  ★大きさ:60センチほど

カモの中では、日本各地でもっとも普通に見かける種類です。
福江でも一年中見ることができます。私がよく見るのは福江川、外濠公園
、福江ダム、内闇ダムなど。玉之浦湾など、静かな海辺でも目にすること
があります。
褐色の地味な体、クチバシの先端は黄色です。


                         (07.1.19:旧福江市・内闇ダム)

カモの仲間というのは、オスとメスで羽の色が大きく異なるのが普通で、
オスが美しい色をしていることがおおいのですが、このカルガモだけは
オス・メスともほぼ同じ色をしています。


                                            (06.10.16:外濠公園)

繁殖期には、たくさんのヒナを連れたメスの姿を見ることができます。非常
に愛らしいので、シーズンには全国各地で人気を集めます。
道路を渡ったりして引っ越しをしているようすが、ニュースでもよく紹介され
ますよね。


                          (07.1.19:旧福江市・内闇ダム)

冬になると、東京の上野公園など都市公園でもたくさんのカモが越冬の
ためにやってきます。彼らは人から食べ物をもらうことも多く、あまり人を
恐れません。しかし、福江ではそうではありません。ダムなどで不用意に
カモの群れに近づくと、岸近くから沖のほうへ泳いでいってしまいますし、
タイミングが悪ければ、いっぺんに飛ばれて逃げられます。
これが本当の野生の姿なのでしょうか。
(2007.10.8記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る