意外に美しい小鳥
カワラヒワ 河原鶸 (アトリ科)
Carduelis sinica



                                        (2014.3.27:岐宿町)


★分布:日本全国   ★大きさ:15センチ(スズメぐらい)

日本全国でごく普通に見られる、スズメぐらいの大きさの小鳥です。福江
でも年を通じて観察でき、住宅地や庭先から、川縁、農耕地そばなど様
々な環境で目にします。群れで電線にとまっていることも多いですね。

全体はモスグリーン調の色合いで、目のまわりは黒っぽく、くちばしは淡い
ピンク色というか、あるいは肌色というか。



ところどころに入る黄色が目に鮮やか。双眼鏡で見ると、なかなかきれい
な鳥だということがわかります。インコと間違える島民もいるらしいですが、
ごもっともと申しますか、そんなに違和感のある話ではないように思いま
す。図鑑を見ると、羽を広げて飛んでいる姿も非常に美しいです。


                                 (2014.3.27:岐宿町)

よく草地に降りて、草の種をついばんでいます。ヒマワリの種なども大好
物です。


                          (2012.12.1:岐宿町・二本楠)

繁殖期以外は群れていることが多いようで、秋冬の頃は10羽を越える集
団をよく目にします。


                                        (2014.11.27:富江町・田尾)

図鑑によれば普段は「チュウーン」「キリキリキリ」などと鳴き、オスは「ビ
ーン」とも鳴くと書かれています。私のすむアパートのそばでも、毎朝
「ビーユ(と私には聞こえていました)」と鳴く鳥がいて、双眼鏡で見てみる
と一羽のカワラヒワでした。オスだったのでしょうね。
(2014.12.6)                          


※参考文献   「新訂 日本の鳥550 山野の鳥」 文一統合出版


※一覧に戻る