福江では近づきがたし
キジバト 雉鳩 (ハト科)
Streptoperia orientalis



                                 (2015.11.15:旧福江市・黒蔵)


★分布:日本全国(冬は本州以南)   ★大きさ:33センチ

日本各地の山野や人里でごく普通に見られる鳥のひとつ。「デデッポーポ
ー、デデッポーポー」と繰り返す独特の鳴き声で知られ、シベリアや中国、
朝鮮半島などユーラシア大陸にも分布しています。

福江島でも年を通じて見られ、電線や木の枝にとまっていたり、畑に降り
て食べ物をついばんでいる姿をよく目にします。つがいで生活するのが基
本のようですが、ペアになっていない個体は群れていることも多いといい
ます。


                                     (2015.2.4:旧岐宿町・雨通宿)

木の上に、枝を組んだ巣をかけて繁殖します。私の実家は過去に五島か
ら埼玉県に移ったのですが、その家の狭い庭(庭というより通路)に柿の
木があって、そこにも巣をつくりました。父親がそれをビデオで撮影して見
せてくれたことがあります。撮影中も全く逃げなかったそうで、素人が撮っ
たにしてはずいぶんアップで撮影できていました。

東京などにある都市公園や緑地でもごく普通に見られ、しかもそうした場
所にいる個体は人をあまり恐れず、2、3メートルの距離まで平気で近づ
いてきます。私もかつては東京で、落ち葉をかきわけて草木の実などを
探しているキジバトを間近で眺めていたものです。そのようなことで、都市
に暮らしている人からすれば、キジバトは警戒心のうすい、半ば無防備に
も見えてしまう鳥であろうと思います。

ところが、福江島のキジバトはそれとはかなり性質が違っています。都会
のものとは比べものにならないほど警戒心が強いのです。人の気配を感
じるとたちどころに飛び去ってしまいます。しかも、私の経験では、木立の
中など、こちらから見えにくいところに逃げ込むことが多いです。そのため、
島内にありふれた鳥でありながら、接近しての撮影はかなり難しいです。
10メートル以内で撮影しようと思うなら、撮影用のテントなどに身を隠して
狙うほかはありません。


                                         (2015.2.21:富江町)

上・下の写真は、林の中に仕掛けた自動撮影カメラに写ったキジバトです。
カメラの前に動物が来ると、センサーが反応して撮影される調査用のカメ
ラ(麻里布商事の「field note」という製品)で、ここではウサギを撮影しよう
と思って設置していたのですが、島内あちこちの林で、キジバトは高い確
率で姿を見せます。


                               (2015.3.1:富江町)

林内も、落ちた果実などの食べ物を探す場所になっているわけですね。


                                    (2014.12.24:旧福江市・鐙瀬)

全国的にも、五島でも、珍しくもなんともないこの鳥ですが、当地福江島
ではなかなか近づくのが難しい存在です。農家のお宅などであれば、室
内からうまく狙って撮影することもできるでしょうけれど。


                                     (2015.11.15:旧福江市・黒蔵)

一枚目の写真に写っていたこの個体は、人家そばの電線にとまっていた
もの。物陰に隠れて接近し、後ろを向いているうちに走り寄って撮影しま
した。しかし、こちらに向き直って2秒ばかりで飛んでいってしまいました。
やっぱり、いつも通りつれない福江のキジバトだったのです。
(2015.11.18)                          


※参考資料
「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
「長ア県の野鳥」 長ア県野鳥の会


※一覧に戻る