見事な足さばき
コサギ 小鷺(サギ科)
Ardea cinerea



                               (2015.3.24:富江町・女亀)


★分布:東北地方南部以南   ★大きさ:61センチ(カラスぐらい)

いわゆるシラサギの仲間ですが、名前の通り小型の種類です。日本の広
い範囲でごく普通に見られ、福江島でも年を通して観察できます。
成鳥の夏羽では、後頭部から冠羽(かんう)が細長く伸びておしゃれです。
また、同じく夏羽では胸や肩などから毛先が広がった飾り羽が伸び、風に
揺れると非常に美しいですね。
足指が黄色いのも、外見上の大きな特徴です。チュウサギやダイサギで
は足指は黒っぽいですから。


                                            (2013.2.22:外濠公園)

川の浅瀬や海岸など、水辺で獲物を狙う姿がよく見られますが、アオサギ
など他のサギと比べて、より積極的に狩りをします。下の写真がその時の
ようすですが、彼らは水中で足先を小刻みに震わせて、水底に潜む魚や
エビなどを追い出して見つけるのです。
                                           


観察してみると、なかなか器用な足さばきに感心させられます。


                                            (2013.1.23:外濠公園)

私たちが普通に見られる鳥としては大きいほうですが、警戒心がそれなり
に強いので、観察には双眼鏡があると便利です。しかし、島内でも福江港
に近い外濠公園に来る個体は人を見慣れているので、やや近い距離で
見ることができます。


                                 (2013.2.22:外濠公園)

春に、木の上に枝などを集めた巣を作って子育てをしますが、しばしばア
オサギやゴイサギなど、他のサギ類と固まって「サギ山」と呼ばれる集団
繁殖地(コロニー)を形成します。福江島でも、海岸近くの照葉樹林や湾
内の小島などに、こうしたサギたちが点々と集まっていることがあります。

日本列島に一年中とどまっている個体群のほか、冬はフィリピンなどに
渡る個体群があるようです。春の渡りシーズンには、福江島でも明らか
に見かけるコサギの数が増えます。五島列島は、渡りのコサギにとって
も重要な一時滞在地になっているのではないでしょうか。
(2015.4.29)                          


※参考文献  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
         「山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥」  山と渓谷社

※一覧に戻る