”チョットコイ、チョットコイ”の声の主
コジュケイ 小綬鶏 (キジ科)
Bambusicola thoracica thoracica



                                  (2017.4.15:五島市・雨通宿)


★分布:中国南部原産の外来種   ★大きさ:27センチ(ハトぐらい)

中国南部原産のキジの仲間。1915年に東京で飼育されていた2つがいが
逃げ出したのを始まりに、1919年には東京近郊で放鳥され、国内の野外
で増えていったようです。さらには昭和5、6年頃(1930年頃〜)からは狩
猟鳥として各地で放たれていきました。その結果、現在では雪が多い地域
をのぞく本州から四国、九州、そして伊豆諸島や小笠原諸島、隠岐諸島や
佐渡島、五島列島など離島でも定着しています。福江島でも多数が生息し
ていますが、第二次世界大戦後に駐留米軍のために放たれたという話も
聞いています(私は確認できていませんが、そのような記述がある郷土資
料があるようです)。

島内では山地の林から農耕地周辺で多く見られ、山間の道路や林道でよ
く出会います。ペアまたは数羽の集団で見られることが普通で、こちらに
気づくとそそくさと茂みの中に逃げ込みます。ニワトリのように飛ぶのはあ
まり上手ではありませんが、あわてた時はバタバタと低空を飛んで林の中
に飛び込むことが多いです。「よく出会います」と書きましたが、島民でも
市街地や住宅地周辺がおもな行動範囲である人は、ほとんど見たことが
ないでしょう。ただ、そうした人でも声は聞いたことがあるのではないでしょ
うか。春によく聞こえますが、「ピッピュクワイ、ピッピュクワイ…」と大きな
声で繰り返し鳴きます。「チョットコイ、チョットコイ」と聞きなされる声。コジ
ュケイと言ってわからない島民でも、チョットコイと鳴く鳥といえば、ああ、
あれね、聞いたことあるよという方が多いと思います。



食べ物はおもに植物の種や芽、果実、それから昆虫やクモなど。こうした
ものを探して歩き回ります。法的には狩猟鳥なので、毎年11月15日〜2月
15日の狩猟解禁期間中には1日5羽までの狩猟が認められています。福
江島ではカモを撃つ人はいますが、コジュケイはどうでしょう。今のところ
好んで撃つという人の話は聞いていません。

外来の鳥ですが、在来の生態系に与える影響はそれほど大きくないと考
えられています。

私にとっては年間数十回も出会う鳥ではありますが、なかなか撮影が難
しい存在です。私はバイクで移動するので、気づいてすぐに停車しても、
カメラを出すまでの間にだいたい逃げられてしまいます。そのようなわけ
で、よい写真はいまだ撮れていません。ブラインド(撮影用テント)にでも
入れば至近距離で撮れるとは思うのですが…まだトライしていません。
(2017.8.18)                          


※参考資料
「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
「長ア県の野鳥」 長ア県野鳥の会
「国立環境研究所 侵入生物データベース(HP)」

※一覧に戻る