白いタイプもいる
クロサギ 黒鷺(サギ科)
Egretta sacra sacra
絶滅危惧TB類(EN)…長崎県レッドリスト2011



                                (2015.3.17:岐宿町・寄神)


★分布:日本列島各地(東北地歩以北では夏鳥)
★大きさ:58センチ(カラスぐらい)

岩場の多い海岸でよく見られるサギの仲間。日本各地を含む東アジアの
ほか東南アジア、オーストラリアなどに生息し、福江島の海岸でも年を通
じて見ることができます。
羽の色は黒ではなく、青黒い灰色とでもいうべき色でをしています。が、中
には「白色型」と呼ばれる白いタイプがいることが知られています。白色型
は奄美大島以南に多いそうです。
足は黄色みを帯びていることが普通です。



岩礁海岸の波打ち際を歩き回り、主に魚を狙います。
今回撮影した個体は、海岸で貝や海藻を撮影していた時に現れたもの。
以前も何度かここで見たことがありました。普通、こちらから近づいていく
と、ある距離で逃げてしまいますが、この時は私のほうが先にいて、しか
も身を低くかがめていたせいか、この鳥としてはかなり間近で長時間観
察できました。私のいた場所に岩がいくつかあったのも良かったでしょう。
私はしゃがんだまま、なるべく岩陰から観察・撮影しました。



クロサギ自身も姿勢を低くして獲物を探していましたが、面白かったのは
羽を少し広げ気味で歩く場面が多かったことです(下)。海外の映像で、水
辺にやってきたサギの一種が、羽で日陰をつくって狩りをしていたのを思
い出しました。水面の反射で、水中の獲物が見えにくくなるのを防ぐ知恵
であると思われるのですが、私が見たクロサギの行動がそれと同じもの
なのか、それとも、足場の悪い磯でバランスを取りながら歩くためだった
のか。はっきりしたことはわかりません。



この場所では何度か獲物を捕りましたが、写真を見るとそれはハゼ類で
あるようでした。



珍しい鳥ではありませんが、長ア県では絶滅危惧TB(EN)類という、高
いランクの絶滅危惧種となっています。最新の環境省のレッドリストには
載っていないので、国レベルでは絶滅危惧種扱いではありません。しか
し、都道府県レベルでみれば、実に半数近くでレッドリストに載せられて
います。数を減らしているらしい要因としては、釣り人などが繁殖地に立
ち入ったり(海岸の崖などに巣をつくる)、海岸の開発によってエサ場が
減ったりしていることが考えられています。
五島が、人にとってもクロサギにとっても暮らしやすい場所であってほし
いものです。
(2015.4.29)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
        「長崎県レッドデータブック2011」 長ア新聞社
          「山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社


※一覧に戻る