フィッシュハンター
ミサゴ  (ミサゴ科)
Pandion haliaetus

準絶滅危惧 (NT) …環境省レッドリスト2012
準絶滅危惧(NT)
…長崎県レッドリスト2011



                       (玉之浦町大瀬崎にて:井上勝巳さん撮影)


★分布:国内では九州以北、冬は全国  ★大きさ:60センチほど(カラスぐらい)

水辺近くで見られるタカの仲間。五島では各地の海岸でよく見られます。
五島の海辺ではトビも多いのですが、ミサゴは下から見ると白っぽいの
で区別がつきます。背面はトビと同じように褐色ですが。
五島の島々には「ビシャゴ鼻」など、ビシャゴという言葉のついた岬があ
りますが、このビシャゴというのはミサゴのことだと聞きました。

魚を専門に狙って食べるタカで、水面近くの魚を捕らえます。
五島では、魚のいけすのそばにもしばしば姿を現し、運がよければ魚を
とらえるようすを観察することができます。空高くを飛んでいるものでも、
双眼鏡で見ると足に魚をつかんでいることがあります。一度、大瀬崎で
アジらしき魚をつかんでいるミサゴを見たのですが、観察していると飛び
ながら魚を食べていました。

私が初めて見たのは福江ではなく、なぜかメキシコのバハ・カリフォルニ
アというところです。砂漠の道路沿いにある電柱の上に、枯れ枝を集めて
つくった巨大な巣(軽く2mはありました)がありました。ミサゴは崖や木の
上に巣をつくり、毎年同じ巣を使って子育てをします。大瀬崎にも巣があり
ます(→2012年の台風で吹っ飛んでしまいました)。

以前、NHKの「さわやか自然百景」という番組で
「長崎 五島列島 シカの住む棚田(2001年4月15放送)」という回がありま
した。放送当時は知らず、のちにビデオを入手して見ました。福江と野崎
島が舞台になっていて、ミサゴの子育てのようすが紹介されていました。
福江での話だったか、野崎島での話だったか…忘れてしまいました。
(2007.9.16記)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
       「長崎県レッドデータブック2011」 長崎新聞社

※一覧に戻る