はやにえ見たことありますか
モズ 百舌 (モズ科)
Lanius bucephalus


 
                                     
 (2013.1.16:三井楽町・浜の畔)


★分布:日本全国(冬は本州以南)    ★大きさ:20センチ(ヒヨドリより小さい)

人里近くでよく見られる、有名な小鳥のひとつです。「モズのはやにえ」と
いうものをご存じの方は多いでしょう。私も小さい頃から何度も目にしたこ
とがありますが、木の枝やトゲに、バッタやコオロギ、トカゲなどが刺さって
いるものです。これはモズの仕業で、こうして突き刺して置いた獲物をのち
に食べるということはほとんどないらしく、なぜこのような行動をするのか
理由はよくわかっていません。

くちばしの先は、かぎ爪のように曲がっています。強力そうですね。



繁殖期をのぞいては単独で見られます。写真のものはオスで、メスとは少
し模様が違っています(メスの写真はまだありません…)。



福江ではいろいろな場所で見ますが、今回であったのは農耕地です。
畑のすみにたい肥の山があり、そこにいる虫を狙っていました。そばの木
の上から獲物を見つけてはパッと飛び降り、捕らえます。
下の画像はビデオから切り出したもので、しかもピントが合っていないの
ですが、モズが何かの幼虫をくわえています。



昔から日本人にはなじみ深い鳥であったモズ。最近は見たことがない人
も増えているのかもしれませんが、現行の普通切手(120円)の図案にも
なっています。



4,5月頃には、島内で巣立ったヒナが見られるそうです。
(2013.2.18記)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
      「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る