「ヒッヒッヒッ…」の声の主
セッカ 雪加 (ウグイス科)
Cisticola juncidis brunniceps



                                       (2014.7.26:鬼岳)


★分布:東北南部以南   ★大きさ:13センチ(スズメぐらい)

山地から平地にかけての草原、湿地のアシ原などで見られるウグイス科
の鳥。日本の広い範囲に生息しているほか、インドやインドシナ方面、ア
フリカ中南部などにも分布しています。

草地を生活の場にしているということで、福江島では鬼岳の草原や田畑
周辺の草地、河口のアシ原などでよく見かけます。上の写真の個体は、
まだ若者のセッカです。



春に繁殖期を迎えると、オスはその時に「ヒッヒッヒッヒッヒッ…チャチャッ
、チャチャッ…」とさえずりながら、低い放物線を繰り返し描くように草地の
なわばりの上を飛びます。「ヒッヒッヒッヒッヒッ」と鳴きながら上昇し、「チャ
チャッ、チャチャッ」と鳴きながら草の茂みに降りるというのが、お決まりの
パターンです。繁殖期、この行動は非常に頻繁に見られるので、春の鬼
岳に行った人は、ヒッヒッと鳴きながら飛ぶ小鳥に気づく可能性は高いで
しょう。
鬼岳の登山道を歩いていると、人の気配に驚いて草の茂みから飛び出す
こともあります。そのまま茂みに入ってしまうこともありますが、草の茎を
器用につかんでとまっている姿もよく見られます。



このように、春から初夏にかけては島内でよく目にするセッカ、年を通じて
福江島で暮らしているのですが、繁殖期を終えると、出会う機会が少なく
なります。セッカは繁殖期以外は単独生活、しかも草むらに潜むようにし
ているので、なかなかその存在に気づかなくなるのです。春にはヒッヒッと
にぎやかなのに。



昆虫やクモを好んでとらえます。上の写真は少しピントが甘いのですが、
バッタの仲間をくわえているのがわかります。



私の印象では決して珍しい鳥ではなく、身近な小鳥のひとつと認識してき
たセッカですが、2015年現在、国の絶滅危惧種とはされていないものの、
14の都道府県でレッドリストに載っています。秋田や山形、富山・長野の
各県では最高ランクの絶滅危惧種です。生息環境である草原や湿原が
失われているのかもしれません。こうした場所はともすれば開発の対象
になりやすいですから。

ところで、セッカという名は調べても由来がよくわかりませんでした。漢字
も「雪加」で、ますます解釈が難しい。詳しい方がいたらぜひお聞きしたい
ところです。
(2015.10.29)                          


※参考資料
「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
「長ア県の野鳥」 長ア県野鳥の会


※一覧に戻る