もっとも身近な鳥か
スズメ (ハタオリドリ科)
Hetaeria yakusimensis



                                      (2006.10.17:鬼岳)


★分布:全国   ★大きさ:14センチほど

多くの説明はいらないでしょう。誰もが知っている小鳥ですね。人家近くで
もごく普通にチュンチュンと鳴いています。いろいろな場所に姿を現し、福
江では海辺にもよくいます。



写真のスズメは、島の南東部にある鬼岳の中腹にあるお堂の屋根の上
にいたものです。



上の写真のものは、もしかしたらまだ若いスズメかもしれません。



ふと、屋根の瓦のすき間にいるスズメに気がつきました。図鑑によれば、
こうしたすき間などに巣をつくるのだそうです。
正直なところ、身近すぎてじっくり見たことがない鳥でもありました。
こんな生きものに限って、観察してみると案外と面白いのかもしれません。
(2008.3.31)                          


※参考文献   「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る