声はすれども…
ウグイス  (ウグイス科)
Horornis diphone



                                          (2013.3.27:岐宿町・岐宿)


★分布:全国(冬は本州以南)   ★大きさ:15センチ(スズメぐらい)   
★福江で見られる時期:一年中

ホーホケキョというオスのさえずりでおなじみ、ウグイスです。春になると
島内各所で声が聞こえます。上の写真はまさに、その声をあげていると
ころです。
日本人なら誰もが知っているこの鳥ですが、声は聞いたことがあっても、
実物を目にしたことがある人は案外少ないのではないでしょうか。
とても近いところから声が聞こえることもありますが、多くの場合は木立や
ヤブの中からです。声のする方向を目をこらして探ってみても、相手の姿
は見えません。困ったことに、なかなか姿を見せてくれない鳥なのです。



このサイトでは1000種類を越える福江島の動植物を紹介していますが、
島にたくさんいるのに載せていないものもあります。それは、何らかの理
由で撮影に成功していないものが大半なのですが、そのひとつがウグイ
スでした。とにかく、撮影可能なところになかなか出てきてくれないため、
悩まされてきたのです。

今回、運良く姿を見せてくれたのは岐宿(きしく)町、市役所の岐宿支所の
すぐ近くです。空き地にヤブがあって、その上の方にオスがたまたま出て
きました。見つけた時は、撮影の準備をしている間にヤブに入ってしまった
のですが、そのあともケキョケキョと鳴き続けていたので、しばらく待ってみ
たところ、再び出てきてくれたのです。残念ながら逆光の撮影となってしま
いましたが、とりあえずは良しとすることにしました。



声は美しい鳥ですが、姿はかなり地味…なウグイス。鳴かなければ、さら
に気づきにくい存在でしょう。

図鑑によれば、笹ヤブに巣をつくって繁殖するといいます。ササやススキ
の枯れ葉を球状にかためた巣だそうです。
先ほども書きましたが、明らかに数メートル以内にいるな、という場所から
声がすることは決して珍しくありません。ですから、警戒心が強いというわ
けではないのではないでしょうか。たまたま、すみかがヤブであるという彼
らの事情によって、簡単には出会えない。そういうことなのだと思います。
今回は一年ぶりに見ましたので、次回は…。
(2014.2.23)                          


※参考文献 「山渓 ハンディ図鑑7 日本の野鳥」 山と渓谷社
         「日本の野鳥」 学研

※一覧に戻る