唯一の常駐カモメ
ウミネコ 海猫 (カモメ科)
Larus crassirostris



                             (2015.3.20:玉之浦町・小浦)


★分布:日本全国   ★大きさ:47センチ(カラスぐらい)

日本各地の海岸で見られる、もっともおなじみのカモメです。日本列島を
中心として、台湾方面から中国大陸沿岸、千島列島方面など東アジアの
沿岸域に生息しています。「ミャオー」と猫を思わせる声で鳴くのでウミネ
コの名があります。



この個体は海水浴場の近くにいたもので、こちらを恐れないようすだった
ので、5mぐらいの距離まで接近して撮影できました。
クチバシの先には黒と赤のワンポイントが入っていて、眼のまわりも赤で
縁取られています。



冬には一見よく似たセグロカモメが数多く飛来し、同じ場所で混じっている
ことも多いのですが、成鳥のウミネコであれば、尾羽に黒い帯が入って
います(上)。セグロカモメの成鳥では、この帯は見られません。



福江島では、福江港をはじめ、各所でごく普通に観察することができます。
ここでは、年を通して見られる唯一のカモメということになります。



定置網の周辺で乱舞していたり、堤防の上に群れていたり、またあるい
は港の海面でプカプカと浮かんでいたり、河口で水浴びをしていたり。
島民にとってはあまりにも普通の存在で、もはや誰も気にかけていませ
ん。


                                             (2015.1.28:福江港)


海岸の岩場などにコロニーをつくり、集団繁殖することが知られています。
以前に北海道の利尻島でそうしたものを見たことがあるのですが、そうい
えば、福江のウミネコたちはどこで繁殖しているのだろうかと思います。
身近な存在ではあるのですが、意外にそうした盲点があるものですね。



余談ですが、小学生の頃、友人の家で、お父さんが捕ってきたというカモ
メを見せてもらったことがあります。確か4羽ぐらい、段ボール箱に入って
いました(普通に生きていた)。あれはウミネコだったのだろうと思っている
のですが、なぜ、何のためにどうやってつかまえたのか、その後どうなっ
たのか…もはや全くわかりませんが、かつての福江でそんな珍妙な思い
出があります。あの頃の友人S、今はどこでどうしているやら。
(2015.5.27)                          


※参考文献  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
         「山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥」  山と渓谷社

※一覧に戻る