器用な森の愛きょう者
ヤマガラ 山雀 (シジュウカラ科)
Parus varius varius



                                  (2016.2.9:岐宿町・唐船の浦)


★分布:北海道南部以南   ★大きさ:14センチ(スズメぐらい)

ほぼ日本全国で見られる、スズメぐらいの大きさの小鳥。日本列島のほ
か、朝鮮半島にも分布します。
黒と白、赤茶色のコントラストが目に鮮やかで、平地から山地の常緑広葉
樹林に好んで生息します。林を離れることは少なく、木立のない開けた農
地や草原、市街地などに現れることは普通ありません。福江島でいえば、
例えば鬼岳の芝地やススキ草原では見られませんが、その山麓の樹木
園や林のそばには姿を現します。

福江島でも年を通して見られる留鳥ですが、さらにいえば、この島にすみ
ついている唯一のシジュウカラ科の鳥です。福江島では、本土ではごく普
通に見られるシジュウカラやヒガラなどは渡り鳥(しかも珍しい)なのです。



島内あちこちで目にしますし、2,3個体を同時に見ることもあります。
「ビービー」とか「ジージー」と聞こえる、特徴ある濁った声で鳴きながら枝
の上を動き回るので、ヤマガラがいれば声ですぐにわかります。前述の
濁った鳴き声のほか、オスはしばしば「ツツピーツツピー」とさえずります。
また、興味深いことに、五島のヤマガラは本土のものと鳴き方に少し違い
がある、つまり「五島弁」で鳴くのだといいます。



ヤマガラは人をあまり恐れず、こちらがじっとしていると2,3メートル以内
に近寄ってくることもあります。関東地方のある神社では、地元の方が長
年エサをあげていたため、手のひらを見せるとヤマガラが飛び乗ってくる
ようになっていました。知らないお客さんはびっくりしたり、感激したり。餌
付けという行為には賛否あると思いますけれども、かなり人なつっこくなり
うる鳥なのだという一例です。好奇心も旺盛なようで、私の三脚にとまっ
たりすることもあります。愛嬌いっぱいの小鳥です。

様々な虫や木の実を食べます。下は、毛虫をくわえているところ。



こちらはクロマツの松ぼっくりを探っています。種子を食べているのか、中
に潜んでいる虫でも狙っているのか。



ヤマガラは器用な鳥です。下の写真、トベラという樹木の実を食べている
ところですが、もぎとった実を両足で枝に押さえつけ、つつくのです。同じ
要領で、堅いドングリも割って食べることができます。林の中で時々、コッ
コッコッ…という、キツツキ類が木を掘っているような音を聞くのですが、
音のする先を見ると、ヤマガラが樹上でドングリを割ろうと頑張っている
姿を見ることができるでしょう。



そしてヤマガラは、エゴノキの果実(写真下)を好んで食べることでも知ら
れています。


                            (2009.7.14:旧岐宿町・雨通宿)

果実と言うより、中にある種子を食べるのですが、エゴノキの種子を包む
果皮には有毒成分(サポニン)が含まれているので、他の鳥たちはエゴノ
キの果実を食べません。ヤマガラだけがこの果皮をはがし、中身の種子
を食べるのです。この知恵と技だけでも驚きですが、さらにヤマガラは面
白いことをします。果皮をはがしたエゴノキの種子は、その場で食べるこ
ともありますが、多くは食べないまま運び、木の皮のすき間にはめ込んだ
り、土の中に埋めたりするのです。「貯食」と呼ばれる行動で、リスなどで
も見られます。エサの少ない時のために貯めこんでおくわけですが、全て
を覚えているわけではないので、地中に埋められて忘れられた種子はや
がて発芽し、木が子孫を残すために役立つということになります。しかも、
山形県で行われた研究によると、エゴノキの果実はそのまま落ちただけ
では発芽率が低く、果皮を取り除くと発芽率が明らかに高くなったそうです
。そうした結果から、エゴノキを果皮をはがして種子を埋めるヤマガラの
行動は、エゴノキにとって重要な意味を持っていると考えられます。ヤマ
ガラとエゴノキは長い時の中で不思議な共存関係を結んだようなのです。



このヤマガラは、木の幹の割れ目を盛んにのぞきこんでいました。隠した
食べ物を思い出して探していたのかもしれません。
(2015.5.18)                          


※参考資料  「フィールドベスト図鑑 日本の野鳥」 学研
          「山渓ハンディ図鑑 日本の野鳥」 山と渓谷社
       「長ア県の野鳥(2015)」 長ア県野鳥の会
         
「ヤマガラによる貯蔵散布がエゴノキ種子の発芽に及ぼす影響」 日本森林学会誌88(2006.6)

※一覧に戻る