ダンチクと並ぶ巨大草
セイコノヨシ(セイタカヨシ)  (イネ科)
Phragmites karka



                               (2016.12.25:五島市・増田)


★分布:本州(関東以西)~沖縄   ★花の時期:8~10月   

暖かい地域の川岸や海岸の砂地などに群生する、イネ科の多年草。高さ
4m以上にもなり、福江でもよく見られるダンチク(これもイネ科)と並んで
国内最大の草として知られています。名前のセイコとは中国の西湖を指し、
その湖岸に生えるヨシという意味だといいます。別名はセイタカヨシ。


                                       (2016.12.17:五島市・高田)

福江島では数カ所で群落が目につきます。例えば大浜海岸の自動車教
習所そば、増田川の河口周辺、それから高田(こうだ)地区の農耕地付
近。道路のそばにもあり、とにかく大きいので、たやすく見つかります。
上記はだいたい、川岸や水路のふちにあります



秋には大きな穂が目立ちます。
撮影時は、花のピークを過ぎていたのでアップは撮影しませんでした。
花と言っても、イネ科なので地味なものですが…。



ダンチクもそうですが、全体的に竹に似ているなあと思う人が多いでしょう。
細長い葉も、確かによく似ています。というか、実は竹類もイネ科に分類
されますので、似ていてもおかしくはないのですけれども…。



茎も竹のようですが、竹ほどには丈夫でないような印象です。






                             (2016.12.25:五島市・増田)

ダンチクと同じ場所に生えていることもありますが、ダンチクでは株が半球
のような形に広がるのに対し、こちらはまっすぐ直立して群生します。遠く
からでも見分けるのは難しくありません。穂の形も異なっています。



遠目にみると竹藪にも見えてしまいますが、そばに寄るとその大きさを実
感できるでしょう。気が向いたら、この巨大な草やぶというか草の壁を間
近に見ていただきたいと思います。「これが草か!でっかいなあ…」と。
(2017.2.25)                          


※参考資料  「山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花」 山と渓谷社
         「イネ科ハンドブック」 文一総合出版
         「長﨑県植物誌(中西弘樹/2015)」 長﨑新聞社

※一覧に戻る