すり傷が模様をつくる
ハナゴンドウ (マイルカ科)
Grampus Griseus



                         (2016.12.9:三井楽町・白良ヶ浜)


★分布:世界中の熱帯〜温帯海域   ★体長:3.6〜4m

体長4mほどになるイルカで、世界中の暖かい海に広く分布しています。
写真は2016年12月9日に福江島の沿岸の浅瀬に迷い込み、砂浜(三井楽
町・白良ヶ浜)に座礁してしまったハナゴンドウです。
(※「最近の?トピック 22・イルカ5頭のストランディング」を参照)
撮影時は生きていました。ちょっとかわいそうな状態ですけれども、こうし
た時でないと撮影は難しいので、座礁時の画像を使用して紹介します。

イルカといえば口先が細く突き出ているイメージが強く、これはクチバシと
呼ばれますが、ハナゴンドウはクチバシがはっきりせず、丸みを帯びた頭
部をしています。いわゆるゴンドウクジラの類にみられる特徴です。



頭部をはじめ、白いたくさんのひっかき傷が目につきます。これはハナゴ
ンドウの大きな特徴で、イカなどの獲物や仲間と接触した時についた傷が
白くなって残るものだといいます。



この傷は消えずに、模様のようになって残っていくようです。この白い模様
を花に見立ててハナゴンドウの名があります。白いペンキをぶちまけたよ
うな…と言い表されることも。



通常は群れで行動し、25頭から数百頭の集団をつくります。イカを好んで
食べるようですが、魚も食べると考えられています。



背びれは鎌形で、かなり高さがあります。



強力な推進力を生み出す尾びれ。



この時、計5頭が浅瀬に座礁(ストランディング)していたのですが、いず
れも体長3m前後でした。成長すると4mほどということから考えると、ま
だ若い個体だったと思われます。



通常は沿岸の浅い海ではなく、水深のある外洋で活動しているようです
が、若さゆえの経験不足から、方向を見失いやすい砂地の浅場に入り込
んでしまったのでしょうか。



ハナゴンドウは時折、こうした座礁が報告される種類です。福江島でも過
去、1990年11月2日から3日にかけて、582頭ものハナゴンドウが打ち
上がりました。今回と同じ三井楽町の白良ヶ浜です。イルカを含むハクジ
ラ類は水中で音を出し、はね返ってくるエコーによって水中の地形などを
認識するエコーロケーション(反響定位)能力を持っていますが、砂の海
底はエコーロケーションが難しい場所といわれています。ハナゴンドウに
とっても苦手な環境ではないかと思われます。


                                  (2016.12.10:三井楽町・白良ヶ浜)


今回座礁してしまった5頭は、残念ながら沖に帰ることはできずに死んで
しまいました。しかし五島の沖合では、彼らの仲間たちが今日も元気に泳
ぎ回っているのでしょう。
(2016.12.30)                


参考資料 「クジラ・イルカハンドブック」 平凡社
       「五島の生物」 長崎県生物学会編

※一覧に戻る