猫の足かバナナの房か
エゴノネコアシ



                                  (2013.6.25:岐宿町・河務)


★分布:北海道〜九州、朝鮮半島  ★できる樹木:エゴノキ   
★形成者:エゴノネコアシアブラムシ(学名
Ceratovacuna nekoashi

沢沿いに多く見られるエゴノキ。その側芽(そくが…葉の付け根や枝の途
中から出る芽)にできるユニークな形の虫こぶです。連なったふくらみが
猫の足先を思わせるというのでエゴノネコアシと名付けられました。形の
みならず、名前も面白いですね。私はこれを初めて見た時、エゴノキの花
が奇形になったものなのか?などと思っていました。猫の足というよりは
バナナの房のようだなあと感じたことを覚えています。



1つの枝に数十も見られることもあります。房の広がりは、5センチ以上に
もなります。



この虫こぶをつくるのはアブラムシの一種、エゴノネコアシアブラムシです。
6〜7月に房状の部分が割れ、中からアブラムシが出てきます。



私にとっては、毎年なんとなく見に行きたくなる虫こぶですが、全てのエゴ
ノキに見られるわけではありません。一度見たら忘れられない、虫こぶ界
のエース?のひとつではないかと思います。
(2016.2.6)                          


参考資料 「虫こぶハンドブック」 文一総合出版 

※一覧に戻る