エゴノキの葉に見られる
エゴノキハヒラタマルフシ



                                    (2014.5.17:富江町・繁敷)


★分布:(資料が手元にないので、いずれ調べて書きます)  ★できる樹木:エゴノキ   
★形成者:エゴタマバエ

GWの頃に白い花をどっさりとつけるエゴノキ。その葉に見られる虫こぶで、
表側は直径3〜5ミリの円形です。その名はエゴノキにできるヒラタ
マルフシ(虫こぶを表す言葉)と解釈できます。



裏側は、マヨネーズをチューブからぐにゅぐにゅと出した感じに盛り上がっ
ているものが多いように思います(という表現が適当かどうか…)。



この虫こぶをつくるのはエゴタマバエという昆虫です。タマバエ類は大きさ
5ミリもないほど小さく、ハエよりもカに近いとされているようです。多くの
種類が他の動植物に卵を産み付けて寄生します。



現在私が持っている虫こぶの図鑑には載っておらず、インターネット上で
信頼できる情報をもとに調べました。
「日本全国虫えい図鑑」という本があるのですが、税抜き14000円もするの
でなかなか買えるものではありません。都市部の図書館であれば置いて
あるのですけど、五島ではそれもかなわないのです。
(2016.2.6)                          


参考資料  インターネット情報のみ

※一覧に戻る