ジャガイモが実っているような
イスノキエダチャイロオオタマフシ



                                  (2015.11.22:富江町・繁敷)


★分布:本州、九州、屋久島   ★できる樹木:イスノキ   
★形成者:モンゼンイスアブラムシ(学名Nipponaphis monzeni

イスノキはマンサク科の常緑広葉樹で、五島ではよく見られる木のひとつ。
そして、葉や枝にいろいろな虫こぶができる木としても知られています。
この、まるで木にジャガイモが実っているようなものもイスノキに見られる
大型の虫こぶで、名をイスノキエダチャイロオオタマフシといいます。


                            (2014.10.18:旧福江市・籠淵)

イスノキエダにできるチャイロオオきなタマ(球)状のフシ(虫こぶを
表す言葉)。モンゼンイスアブラムシというアブラムシが寄生することでイ
スノキの小枝にこれができます。大きさ8センチにもなり、ジャガイモのよ
うに見えるものや、西洋なし型、あるいはイチジクのような形に見えるもの
もあります。


                           (2015.1.16:旧福江市・籠淵)

穴が開いているものもよく見かけます。
イスノキの別名ヒョウノキ、ヒョンノキは、子どもがイスノキの虫こぶを笛に
して遊んだことに由来すると言いますが、この穴から息を吹き込むのでは
ないでしょうか?(私はまだ未体験)


                             (2015.11.22:富江町・繁敷)

山道に落ちているものを拾うことも珍しくありません。


                                (2014.10.15:七ツ岳)

中は中空で意外に軽く、表面は木のように堅いです。木質化していて、叩
くと乾いた音がします。


                            (2015.11.22:富江町・繁敷)

ひとつの木に2,3ついていることもあれば、何十個も密集して見られるこ
ともありますが、何か知らなければ、わけがわからない代物でしょう。
島のあちこちで観察可能です。
(2016.2.6)                          


参考資料  「虫こぶハンドブック」  文一総合出版

※一覧に戻る