小さな球状の虫こぶ
イスノキエダコタマフシ



                                  (2014.10.18:岐宿町・二本楠)


★分布:本州、四国、九州、屋久島  ★できる樹木:イスノキ   
★形成者:イスノタマフシアブラムシ(学名 Monzenia globuli


五島でよく見られるイスノキはマンサク科の常緑広葉樹で、葉や枝にいろ
いろな虫こぶができる木として知られています。
この、やや凹凸のある球状の虫こぶは直径10〜15ミリほど。イスノキエ
ダコタマフシです。



イスノキエダにできるガタ(小型)でタマ(球)状のフシ(虫こぶを表す
言葉)。イスノタマフシアブラムシというアブラムシが寄生することでイスノ
キの枝にできます。写真はひとつですが、2つ、3つ以上もかたまって付く
ことも少なくありません。



私は茶色になったものしか見たことがありませんが、もともとは緑色から
黄色を帯びた白のようです。9月頃から大きくなり、10月頃に一部が裂け
て穴ができます(下の写真は、年を越して残っていたもの)。


                                     (2013.5.10:旧福江市・城山神社)

イスノキは別名にヒョンノキ、ヒョウノキと呼ばれ、イスノキにできる虫こぶ
を笛にして遊んだことからそう呼ばれると言います。これも笛になるのか
もしれないですね。
(2016.2.6)                          


参考資料  「虫こぶハンドブック」  文一総合出版

※一覧に戻る